ニュース

NEWS

マイリー・サイラス、主役だったのに『ハンナ・モンタナ』では一番ギャラが安かった

2016-9-29- 8:00

 シンガーのマイリー・サイラスが、過去に出演していたディズニー・チャンネルの大ヒットドラマ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』での待遇を振り返り、自分のギャラはキャストの中で一番安かったと明かした。

マイリー・サイラス Miley Cyrus

 今週公開された米Elle誌のインタヴューで、人気カントリー歌手である父ビリー・レイ・サイラスの娘として育っただけに、子役として活躍していた頃は「誰かがビジネスの面倒を見てくれていたのでは?」と質問されたマイリーは、おもむろにこう話し始めた。

子どもの頃から(経済的に)甘やかされて育ったっていうわけじゃないの。こんなこと言ったら殺されちゃうかもしれないけど、たぶん『ハンナ・モンタナ』時代、私のギャラはキャストのなかで一番安かったわ。

マイリー・サイラス Miley Cyrus  ハンナ・モンタナ

2006年から2011年まで放送されていた『ハンナ・モンタナ』時代のマイリー。キッズのカリスマとして絶大な人気を誇っていた。

 そして、それでも文句を言わなかった理由についてマイリーはこう明かした。

あの頃は、物事を良く知らなかったし、ただテレビに出たくて「やったー! ディズニーの番組に出られる!」って思っていただけだったの。

 マイリーによると、その後、当時マネージャーを務めていた母親のティッシュが「業界には子役をダシに使おうとする、ずる賢い人間がたくさんいる」ということに気づき、ビジネス交渉などを行うためのちゃんとした人材を雇ってマイリーのキャリアをサポートしてくれたという。

 『ハンナ・モンタナ』では主役として無くてはならない存在だっただけに、一番安いギャラしか貰っていなかったとは、かなり衝撃。大人になった現在は、自分で自分の音楽やキャリアをコントロールできる立場にあり、マイリーはとても満足しているそう。

 

Text: FRONTROW(フロントロウ編集部)/Ayumi Nakazawa Photo: ニュースコム

KEYWORDS

キーワード

ディズニー マイリー・サイラス 海外ドラマ 裏事情

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.