ニュース

NEWS

カイリー・ジェナーが唇のプチ整形を決意したちょっと切ない理由を告白

2016-10-15- 8:00

 海外の10代から20代の女性にカリスマ的人気を誇り、自身がプロデュースを手掛けているコスメブランドKylie’s Cosmeticsも絶好調なリアリティスターのカイリー・ジェナー。

 弱冠19歳にして、やり手ビジネス・ウーマンとしての顔も持つ彼女のチャームポイントといえば、大ヒットを記録しているリップキット・コレクションのインスピレーション源にもなっている、ふっくらとしたリップ。

カイリー・ジェナー Kylie Jenner

 急激にふっくらとし始めた唇を巡って、数年前から疑惑にさらされながらも、ずっと整形をメイクのおかげであるとにおわせていたカイリーは、昨年夏、ようやく、唇をボリュームアップするプチ整形の施術を受けたことを認めた。

 そんなカイリーが、今週公開された米Complex誌のインタビューで、唇のプチ整形を決意したエピソードについて初告白。

 

カイリーを傷つけた男性からの心無いセリフ

 物心ついた時からずっと、薄くて小さな唇にコンプレックスを抱えていたというカイリー。ある時、いい感じだった男性とキスをした時に言われたひと言が彼女が施術に踏み切る後押しとなったという。

「(キスをした相手に)『キミの唇はすごく小さいけど、以外とキスが上手なんだね』って言われたの。すごく失礼だと思ったわ。それ以来、世の中の男性が自分の唇にばかり注目しているような気がして、誰も私となんかキスしたくないんじゃないかと思ったわ」と、カイリーは傷ついた当時の胸の内を明かした。

カイリー・ジェナー Kylie Jenner  整形 ビフォーアフター

左:2013年の施術前の写真。右:2016年現在の写真。

 確かに年頃の女性が、デートの相手に直接的な言い方ではないとはいえ、自分が最も気にしている体のコンプレックスを指摘されたら、悲しくて仕方がないだろう。その後、カイリーは、ヒアルロン酸などのフィラーを注入して唇を思い通りのボリュームに仕上げるリップ・オーギュメンテーションという施術を受けた。

>>NEXT

唇のプチ整形を隠していた理由とは?

 

1 2

KEYWORDS

キーワード

カイリー・ジェナー 裏事情

  • TOP

    • オウトグラフ
    • 無断複写転載引用禁止
    • 本サイトに掲載されているコンテンツ(記事・画像)の著作権は「株式会社オウトグラフ」に帰属します。他サイトや他媒体(キュレーションサイト、バイラルメディア、まとめサイト、ニュースサイト、アプリ、ブログ、雑誌、フリーペーパーなど)へ、弊社著作権コンテンツ(記事・画像)を無断で引用・転載することは禁止です。無断掲載にあたっては掲載費用をお支払いいただくことに同意されたものとします。ご了承ください。

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.