ニュース

NEWS

テイラー・スウィフトが元彼カルヴィンと騒動になった「あの曲」を歌い話題に

2016-10-24- 15:15

 先週の土曜日(10月22日)、2016年版「世界で最も稼ぐセレブ」1位のシンガー、テイラー・スウィフトがF1アメリカグランプリで約8万人の観客を前にパフォーマンスした。

テイラー・スウィフト TAYLOR SWIFT

 この日は、テイラーにとって約1年ぶりのパフォーマンスとあって注目されていたが、そんな場でテイラーが選んだ曲は、なんと元彼で「世界一稼ぐDJ」のカルヴィン・ハリスの曲「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」。

 「ディス・イズ~」はテイラーとカルヴィンが交際時に共作した曲で、「2人の交際とキャリアは区別しよう」という理由から、当初テイラーはニルス・ショーバーグという匿名で参加。

交際時のテイラーとカルヴィン。2人は約15ヵ月交際し、今年6月に破局が発覚した。

交際時のテイラーとカルヴィン。2人は約15ヵ月交際し、今年6月に破局が発覚した。

 しかしカルヴィンとの破局後に突然テイラー側が共作者であることを暴露したため、カルヴィンがSNS上で激怒し、ほかのセレブまで巻き込む騒動となっていた。

 

次ページ>

テイラーが「ディス・イズ~」を歌う前に語ったコメントとは?

 

1 2

KEYWORDS

キーワード

テイラー・スウィフト バトル

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.