ニュース

NEWS

ブルーノ・マーズ、コラボした歌姫アデルを「diva(ワガママ)」とまさかの評価

2016-10-26- 16:22

 グラミー賞シンガーのアデルの曲「オール・アイ・アスク」にプロデューサーとして参加したシンガーのブルーノ・マーズが、アデルとのコラボ経験を振り返り、彼女を「diva(ワガママ)」と意外な評価をした。

ブルーノ・マーズ アデル

 米時間の10月25日にラジオ番組『カビー&カロライナ・イン・ザ・モーニング』でアデルとのコラボについて聞かれたブルーノは、「彼女はスタジオに入って来ると、高慢な態度でさ。ディーヴァ(ワガママ)な感じで、『これはイヤ、あれはイヤ』ってね。でも彼女がいくつかのコードを気に入ってくれて、そうするとうまくいき始めたよ」とコメント。

 アデルは素朴でフレンドリーな性格として知られているだけにこの評価は意外だが、これはアデルが完璧主義に徹したから起きたことでブルーノも悪意を持って「diva」と評したわけではないようで、続けてアデルのパフォーマンスを「途方もなく素晴らしい」と称賛。

 「彼女がブースで歌っていると、大げさじゃなく、水が振動するんだ。映画『ジュラシック・パーク』のワンシーンのようにね」と語り、将来的に「オール・アイ・アスク」を一緒にステージでパフォーマンスする意志もあることを明かした。

 以下は、アデルによる「オール・アイ・アスク」の生パフォーマンス。

Text & Photo: フロントロウ編集部(FRONTROW)/ Sonia Kim、スプラッシュ/アフロ、ニューコム

KEYWORDS

キーワード

アデル ブルーノ・マーズ

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.