ニュース

NEWS

70億で57部屋の豪邸を買った「イギリスのパリス・ヒルトン」、使っているのは4部屋

2016-10-31- 16:21

 総資産2,900億円を超える実業家でありF1の運営組織のCEOであるバーニー・エクレストンを父に持ち、「イギリスのパリス・ヒルトン」とも呼ばれる2世セレブのタマラ・エクレストンが驚きの告白をして、イギリス国民をざわつかせている。

タマラ・エクレストン(右)はF1運営組織CEOのバーニー・エクレストン(左)の次女。

タマラ・エクレストン(右)はF1運営組織CEOのバーニー・エクレストン(左)の次女。

ウィリアム王子とキャサリン妃がご近所さん

 ウィリアム王子とキャサリン妃が暮らすケンジントン宮殿の近所に建つ約70億円の大豪邸で、コンサルタント会社で働く夫と2歳の娘と一緒に暮らすタマラ。地上4階地下2階の同物件は、57もの部屋数を誇る。

35歳の夫は会社員。2013年に交際1ヵ月で婚約して同年に結婚した。

35歳の夫は会社員。2013年に交際1ヵ月で婚約して同年に結婚した。

 ただタマラが先週末にYou誌に告白したところによると、57もの部屋を有するこの豪邸で彼女が使っているのは、まさかの4部屋のみ。

 タマラは、「ずっと入っていない部屋が間違いなく存在するわね。プールは使わないし、ボーリング場にも長いこと行っていないわ。大体いつも使っているのは4部屋だけ。来客があった時のために、スペースに余裕が欲しいのよ」と語った。

本人がSNSで公開した家の内部写真。

本人がSNSで公開した家の内部写真。

内装は約2年の年月と数十億円のお金をかけてタマラ流に仕上げられた。

内装は約2年の年月と数十億円のお金をかけてタマラ流に仕上げられた。

 なぜ家にボーリング場があるのか。なぜ来客だけのためにホテルが営めるほどのスペースが必要なのか。疑問だらけだが、スーパーセレブが考えることは常識では測れないということなのだろう。

Text & Photo: フロントロウ編集部(FRONTROW)/ Sonia Kim、ゲッティイメージズ、Instagram/Tamara Ecclestone

KEYWORDS

キーワード

セレブの家

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.