ニュース

NEWS

テイラーが知人バンドに提供した最新失恋ソングは、どの元カレについて書かれた曲?

2016-11-3- 8:00

 男女4人組から成るアメリカのカントリー・ミュージック・グループ、リトル・ビッグ・タウンが、今週行ったフェイスブック上でのライヴイベントで、先月リリースした彼らの最新アルバムからの先行シングル曲「ベター・マン」が、実はシンガーのテイラー・スウィフトによって書かれた曲だと明らかにした。

テイラー・スウィフト Taylor Swift

 もともとはカントリー・ミュージック界からギター1本でシンガーとしてのキャリアをスタートしたテイラーと、以前から親交があった同バンドのメンバーたち。

 ある日、テイラー自らが送ったという同曲を初めて聴いた彼らは、全員一致でこの曲を新しいアルバムに収録することに即決したという。

 その音源がコチラ。

 これまでにも何度も実際の失恋経験を歌にしてきたことで知られるテイラーが、「とても思い入れがある特別な曲」と呼ぶ同曲には、「ベター・マン(訳:もっといい男)」というタイトルの通り、「あなたがもっといい男だったら良かったのに」というフレーズをはじめ、「これは一体どの元カレのことを歌っているのだろう?」と推測したくなる歌詞がたくさん。

テイラー・スウィフト Taylor Swift カルヴィン・ハリス トム・ヒドルストン

左:カルヴィンとの交際期間はテイラーにしては長い、15カ月間。 右:トムとはわずか3カ月で破局。

 世間では、この曲が、今年6月に破局した世界一稼ぐDJのカルヴィン・ハリスか、もしくは、今年9月に破局した映画『マイティ・ソー』の俳優のトム・ヒドルストンについて書かれた曲なのではないかと、ちょっとした騒ぎになっている。

 

NEXT>

気になる「ベター・マン」の歌詞をチェック

 

1 2 3

KEYWORDS

キーワード

カルヴィン・ハリス テイラー・スウィフト テイラーの恋のゆくえ 恋愛 深知り

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.