ニュース

NEWS

接近禁止命令を破りテイラー・スウィフトのストーカーが逮捕、脅迫メールも

2016-11-14- 12:51

 人気シンガーのテイラー・スウィフトのストーカーが、テイラーと彼女の家族に対する接近禁止命令を破ったとして、先週逮捕されていたことが明らかになった。

テイラー・スィフト Taylor Swift

CMAアワードでのテイラー。

 事件が起こったのは先月にテイラーが行ったF1公演の際で、ストーカーの男はテキサス州オースティンの空港に向かっていたテイラーの車列を追跡。テイラーと写真を撮ろうと試みたほか、さらに空港職員に対し、テイラーのプライベートジェットに乗せて欲しいと話していたという。

 男は現在、テイラーの約6~15メートル以内に接近したとして、保釈金約1,000万円で拘留されている。

テイラーは先月下旬に、F1アメリカグランプリで約8万人の観客を前にパフォーマンスを行っていた。

テイラーは先月下旬に、F1アメリカグランプリで約8万人の観客を前にパフォーマンスを行っていた。

 逮捕された39歳の男は、嫌がらせ行為によりテイラーおよび彼女の家族への接近禁止命令を以前出されており、少なくともテイラーから約152メートルは離れていなければならず、直接・間接問わず、テイラーと彼女の家族へ接触することが禁じられていた。

 そのほか、この男は8月から10月にかけてテイラーの父親に、「神が全てのスウィフト家の人間を殺す」などといった脅迫メールを送っていたとE! Newsが伝えている。

Text & Photo: フロントロウ編集部(FRONTROW)/ Megumi Kuga、スプラッシュ/アフロ、ニュースコム

KEYWORDS

キーワード

テイラー・スウィフト

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.