ニュース

NEWS

1Dルイが人気DJスティーヴ・アオキとのコラボ曲でソロデビュー!コラボ秘話も

2016-12-12- 18:36

 3月より活動停止中の人気ボーイズグループ、ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンが、ついにソロデビューを果たした。

ルイ・トムリンソン スティーヴ・アオキ

(左)スティーヴ・アオキ、(右)ルイ・トムリンソン。

 12月10日、ルイは自身のデビューのきっかけとなったイギリスの音楽オーディション番組『Xファクター』で、2016年版「世界で最も稼ぐDJ」5位のスティーヴ・アオキとコラボしたデビュー曲「ジャスト・ホールド・オン」を初披露。

 同日に全世界でリリースされた同楽曲は、日本を含め50ヵ国以上で1位を獲得する大ヒットとなった。

 そんな「ジャスト・ホールド・オン」の、パフォーマンス映像がこちら。

 

最愛の母を亡くしたばかり

 ルイは『Xファクター』でのパフォーマンスの数日前に、最愛の母であるジョアンナを42歳の若さで亡くしており、そんな苦しみを乗り越えてのステージとなった。

ルイ・トムリンソン スティーヴ・アオキ Xファクター

『Xファクター』で「ジャスト・ホールド・オン」をパフォーマンスするルイとスティーヴ。

 パフォーマンス後、ルイは自身のツイッター上で、「想像していたよりも大変だった。今夜のパフォーマンスを特別なものにしてくれた、僕の周りの全ての人と、素晴らしいファンのみんな、ありがとう!」と、ファンやスタッフに向けてコメント。

 また、「僕や家族の周りにたくさんの愛を感じるよ。母も、(今夜のことを)とても誇りに思ってくれたと思う。愛してるよ!」と語ったほか、コラボ相手であるスティーヴにも、「そしてスティーヴ・アオキ、君はずっと最高だし、刺激を与えてくれた。君は本当に才能があるし、本物の紳士だよ!」と、感謝を述べていた。

 

NEXT>

コラボのきっかけは?

 

1 2

KEYWORDS

キーワード

ルイ・トムリンソン ワン・ダイレクション

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.