ニュース

NEWS

オバマ大統領は別れの演説で何を語った?セレブからは退任を惜しむ反応

2017-1-11- 18:05

 現地時間の1月10日、バラク・オバマ大統領がシカゴで退任演説を行った。

バラク・オバマ大統領 退任演説 Barack Obama Farewell  America President

 8年間の任期を務めたオバマ大統領は、時に涙ぐみながら、アメリカ国民に向けその思いをコメント。セレブやアメリカ国民からは、そんなオバマ氏との別れを惜しむメッセージがSNS上に数多く寄せられている。

 

オバマ大統領が演説で語ったこと

 

アメリカ国民に向けて

「絶え間ない変化こそが、アメリカの象徴です。変化は恐れるものではなく、受け入れるものなのです」

「私の仲間であるアメリカ国民のみなさん、あなたたちに仕えることが出来たことは、私の人生の誇りです」

バラク・オバマ大統領 退任演説 Barack Obama Farewell America President

 

家族に向けて

「私が人生でしてきたことのなかで、最も誇りに思うことは、あなたたちの父親であるということです」―娘のマリアとサーシャに向けて

「わたしは君を誇りに思う。この国は君を誇りに思う」―ミシェル夫人に向けて

バラク・オバマ大統領 退任演説 Barack Obama Farewell  America President

左から娘のマリア、ミシェル夫人、オバマ大統領。ちなみに次女のサーシャちゃんは、翌朝に学校のテストがあるため退任演説には出席しなかった。

 

演説の最後に

「イエス・ウィー・キャン(私たちにはできる)。イエス・ウィー・ディッド(私たちにはできた)。イエス・ウィー・キャン(私たちにはできる)」

バラク・オバマ大統領 退任演説 Barack Obama Farewell America President

 

ツイッターにて

「すべてのことに感謝しています。最後に、私が(任期の)最初にあなた方にしたものと同じお願いをします。信じてください。変化をもたらすために、私の力ではなくあなた自身の力を」

バラク・オバマ大統領 退任演説 Barack Obama Farewell America President

 

NEXT>

セレブやミシェル夫人のお別れコメント

 

1 2

KEYWORDS

キーワード

ケイティ・ペリー ゼンデイヤ ナイル・ホーラン バラク・オバマ米大統領 ワン・ダイレクション

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.