ニュース

NEWS

ノーギャラなのにナゼ?一流アーティストたちがスーパーボウルへの出演を熱望する理由

2017-2-5- 16:00

レディー・ガガ Lady Gaga スーパーボウル Super Bowl プレス 記者会見 2017

Photo: スプラッシュ/アフロ、 ニュースコム、シンクストック/ゲッティーイメージズ 

 

【フロントロウ編集部】

 今年も日本時間の2月6日開催される、アメフトの祭典スーパーボウル。その年のNFLチャンピオンを決定する試合はもちろん、毎年多彩なトップアーティストが登場することで知られるハーフタイムショーも大きな注目を集めているが、実は、運営元はパフォーマンスのための必要経費は負担するものの、出演アーティストへのギャラを支払わないというのは有名な話。

 ではなぜ、音楽界のトップに君臨する一流アーティストたちは、同イベントへの出演を熱望するのだろうか?

 

一体どれくらいの人が視聴しているの?

 まずは、スーパーボウルという国をあげての一大イベントが、どれだけの人に視聴されている番組なのかを解説しよう。 

 メディアなどの分析を行う調査会社米ニールセンの発表によると、2016年の第50回スーパーボウルの視聴者数は1億1,190万人で、視聴率にするとなんと46.6%という高視聴率。

 毎年1億人を超えることは確実で、音楽界で最も有名なイベントであるグラミー賞の同年の視聴者数が2,495万人、MTVビデオ・ミュージックアワードの視聴者数が650万人だったのと比較すると、その差は歴然だ。

スーパーボウル Super Bowl 2016 ビヨンセ Beyonce コールドプレイ Coldplay ブルーノ・マーズ Bruno Mars ハーフタイムショー 

コールドプレイ、ビヨンセ、ブルーノ・マーズが共演した2016年のハーフタイムショーの模様。

 

<スーパーボウルの歴代視聴率ランキング>

1

2015年 1億1,440万人(ニュー・イングランド対シアトル戦)

出演アーティスト:ケイティ・ペリー/ゲストパフォーマー:レニー・クラヴィッツ、ミッシー・エリオット

2

2014年 1億1,220万人(シアトル対デンバー戦)

出演アーティスト:ブルーノ・マーズ/ゲストパフォーマー:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

3

2016年 1億1,190万人(デンバー対カロライナ戦)

出演アーティスト:コールドプレイ/ゲストパフォーマー:ビヨンセ、ブルーノマーズ

4

2012年 1億1,130万人(NYジャイアンツ対ニュー・イングランド戦)

出演アーティスト:マドンナ ゲストパフォーマー:LMFAO、ニッキー・ミナージュ、M.I.A.、シーロー・グリーン、シルク・ドゥ・ソレイユほか

5 

2011年 1億1,110万人(グリーン・ベイ対ピッツバーグ戦)

出演アーティスト:ブラック・アイド・ピーズ、アッシャー、スラッシュほか

(ソース:ニールセン)

 

アーティストたちが出演を熱望する3つの理由

 超高視聴率番組であるスーパーボウルに出演することで、アーティストたちが受ける恩恵とは? ギャラをもらわなくても納得な3つの理由を紹介。

 

理由1:アルバムのセールスが大幅アップする!

 スーパーボウルの合間に放送されるテレビCMは、多くの視聴者の目に触れることが期待されるだけあって毎年放送料がかなり高額に。今年の相場も30秒あたり約5.6億円(500万ドル)と衝撃的な金額となっている。

 これに対し、ハーフタイムショーのためにアーティストたちに与えられる時間は約12分間。彼らにとっては、本来ならば莫大な費用がかかる最も宣伝効果の高い番組内で、10分以上にも渡って画面を独占し、自身の魅力をアピールする絶好のチャンスということになる。

スーパーボウル Super Bowl 2014 ブルーノ・マーズ Bruno Mars ハーフタイムショー 

2014年のCM放送料が30秒あたり約4億円だったのに対し、ブルーノは約10分間のパフォーマンスを通して100億円以上に相当するプロモーションの機会を得た計算に。

 シンガーのブルーノ・マーズは2014年のハーフタイムショーへの出演後、当時の最新アルバム『アンオーソドックス・ジューク・ボックス』の売り上げが92%も増加して、ビルボードチャートの7位から3位にジャンプアップ。その前年にパフォーマンスを務めたビヨンセも、放送直後、当時の最新アルバム『4』が売り上げ59%増を記録している。

 

理由2:ツアーのプロモーションに最適

 ヒット曲を披露することによりアルバムの売り上げアップを狙うのと同時に、アーティストたちは、ハーフタイムショーに合わせて、その後行われるツアー公演の宣伝や告知を行うケースが多い。過去5年間の出演アーティストたち全員が、ハーフタイムショーの24時間前後に大規模なツアーの開催をアナウンスしており、いずれも大きな成功を収めている。

ビヨンセ Beyonce ザ・フォーメーション・ツアー アナウンス The Formation Tour 2016

2016年のハーフタイムショーに合わせてアナウンスされたビヨンセの『ザ・フォーメーション・ツアー』は287億円以上もの収益を記録し、彼女のキャリア史上最高のセールスとなった。

 

理由3:トップスターとしての証になるため

 出演アーティストを決めるのは、NFLのエンターテインメント部門の責任者、番組プロデューサー、制作会社などのメンバーで編成される特別チーム。その年、最も目覚ましい活躍をしている人気アーティストたちの中から、スタジアムに足を運んで観戦する観客たちとお茶の間で番組を楽しむ視聴者たちの両方に最高のパフォーマンスを提供できる人材が選ばれることになる。

2015 スーパーボウル Super Bowl ケイティ・ペリー Katy Perry ハーフタイムショー パフォーマンス

2015年のハーフタイムショーで話題をさらったケイティ・ペリーのマネージャーも「スーパーボウルへの出演は、ケイティにとってスターとしての階段をもう一段上がるための大きなステップでした」と振り返っている。

 このことはアーティストにとって非常に大きな名誉で、歴代の錚々たるトップアーティストたちと肩を並べることで「箔がつく」という意味合いもあり、キャリアにおいて重要なターニングポイントの1つにもなる。

 

 今年は、シンガーのレディー・ガガがパフォーマンスを行うとあって、大きな注目が集まっているスーパーボウル。

 前日に行われた記者会見で「自分のためじゃなく、見ている人が家族と一緒に楽しめる、一生心に残るようなパフォーマンスしたい」と熱く語り、ゲストパフォーマー無しでのソロパフォーマンスを行うことを明らかにした彼女が、一体どんなステージを見せてくれるのか期待が高まる! 

レディー・ガガ Lady Gaga スーパーボウル Super Bowl プレス 記者会見 2017

「どの曲を歌うかは明かせないけど、私のキャリアの集大成的なステージになるわ!」とファンの期待を煽るガガ。

 

 

KEYWORDS

キーワード

ケイティ・ペリー コールドプレイ ゴシップ ビヨンセ ブルーノ・マーズ レディー・ガガ 深知り 裏事情

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.