ニュース

NEWS

パリス・ジャクソン、7年前のグラミー賞ステージと将来を語る

2017-2-13- 15:42

パリス・ジャクソン 第59回グラミー賞授賞式 レッドカーペット Balmain

Photo: スプラッシュ/アフロ

【フロントロウ編集部】

 すっかり大人の女性に成長した、故マイケル・ジャクソンの長女パリス・ジャクソンがレッドカーペットを歩いた。日本時間の今日(13日)、ロサンゼルスにあるステイプルズ・センターで開催された第59回グラミー賞に出席したパリス。マルチカラーのバルマンのドレスに身を包み堂々と登場した彼女が、米サイトE!Newsのインタビューに答えた。

 今から7年前となる2010年の第52回グラミー賞授賞式にて、前年6月に急逝した父マイケルの代わりに特別功労賞のトロフィーを兄と共に受け取ったのが、当時12歳だった長女パリス。

 まだ幼かったパリスはしっかりとした口調で、「ダディはここにいるはずでした。昨年、この会場でパフォーマンスする予定だったの。皆さん、ありがとう。ダディ愛してる」とスピーチし、観客の涙を誘った。奇しくもグラミー賞とマイケル・ジャクソンの公開追悼式の会場は同じ、ロサンゼルスのステイプルズ・センターだった。

パリス・ジャクソン 2009年マイケル・ジャクソン追悼イベント スピーチ

2009年に亡き父の公開追悼式でスピーチをするパリス

 そんなパリスも今年で19歳。本日開催されたグラミー賞で、7年前のことを覚えているかという問いに、「すごく緊張していたのを覚えているわ。でも、最前列にいたビヨンセと目が合ったら、酔っぱらったみたいになっちゃって。すごくエキサイティングだったわ。何て言えばいいか、分からなくなっちゃった」と、当時のことを思い出しながら語った。

パリス・ジャクソン 第59回グラミー賞授賞式 レッドカーペット Balmain

グラミー賞のレッドカーペットにはバルマンのドレスで登場した

 あれから7年。将来の音楽活動について尋ねられると、「まだはっきりわからないわ。まだ決めていないの」とにっこり。現在は、米テレビ局Foxで放送予定の新作ドラマ『スター』の第1シーズンにて、レイチェル・ウェルズ役で女優デビューする予定と報じられている。

 

KEYWORDS

キーワード

グラミー賞 パリス・ジャクソン マイケル・ジャクソン

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.