ニュース

NEWS

ファンも思わず涙、セレーナ・ゴメスが切なすぎる「あの名曲」のカバーを発売

2017-3-30- 17:00

セレーナ・ゴメス Selena Gomez

Photo:スプラッシュ/アフロ、Instagram/Selena Gomez

【フロントロウ編集部】

 いよいよ、明日(3月31日)よりNetflixにて配信される、人気シンガーのセレーナ・ゴメスがプロデュースするドラマ『13の理由』。ドラマの配信に先駆けてサウンドトラックが本日より発売開始となり、セレーナがあの名曲をカバーしていることが分かった。

 セレーナによるカバー曲は、ファンも思わず涙する仕上がりとなっている。

 

ドラマに刺激を受けたカバー曲

 『13の理由』は、突然命を絶った「ハンナ」というクラスメイトの死の謎を探るミステリードラマ。いじめや恋愛など、10代の若者が直面する悩みを描いている。

 今回セレーナが『13の理由』ためにカバーしたのは、1982年に発売され大ヒットとなったヤズーの『オンリー・ユー』。その後フライング・ピケッツというアカペラグループによってカバーされたバージョンも有名で、イントロを聴けば「あの曲か!」とわかる人も多いはず。

 そんな名曲を、今回セレーナがカバー。現地時間の昨日、「『13の理由』公開まであと2日…サウンドトラックに収録されている、私がカバーした『オンリー・ユー』を初めて公開するわ。(『13の理由』に登場する)ハンナとクレイの物語に刺激を受けたものよ。発売は3月30日!」というツイートとともに、『13の理由』の映像と自身のカバー曲を合わせた動画を公開した。

 「私が欲しかったものは、あなたの愛だけ/私が欲しかったのは、あなたと過ごせるあともう1日/私が知っていたのは、あなたのことだけ」という切ない歌詞と、映像のなかのハンナとクレイの幸せそうな姿が相まって、涙を誘う内容となっている動画がこちら。

 セレーナのファンも、「泣いてるわ」「あなたの歌声とても素敵」と、このカバーを気に入っている様子。『13の理由』のサウンドトラックは日本からも購入可能で、セレーナの「オンリー・ユー」単体も250円で購入することが出来る。購入はこちらから。

KEYWORDS

キーワード

セレーナ・ゴメス 海外ドラマ

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.