エンタメ

SHOWBIZ

緊急初来日をするアメリカNo.1ガールズグループ、フィフス・ハーモニーって?

2016-7-2- 1:55

 アメリカに突如として、ビッグなガールズグループが登場。

 2015年にシングル「ワース・イット」がその年ツイッターで最も話題になった曲となり、今年はすでに「ワーク・フロム・ホーム」、メンバーたちが作詞作曲にも参加している「オール・イン・マイ・ヘッド(フレックス)」が次々と音楽チャートを賑わしている彼女たちの名前は、フィフス・ハーモニー(愛称5H)。

 有名音楽オーディション番組『Xファクター』出身の彼女たちは、ホワイトハウスにも招待されるほど、今のアメリカでは時の人。そんな5H、ついに7月に初来日が決定。

 今年最も注目なUSガールズグループ、5Hを大特集します。

 

まずは5Hのメンバー紹介からスタート

ally

アリー・ブルック(23

グループ最年長のアリーは、とにかく明るい! 目標とするアーティストは、明るく、カリスマ的で、ファン思いだったラテンシンガーのセレナ。

 

 

lauren

ローレン・ハウレギ(20

ミステリアスな美しさを持つローレンは、自身で「私はざっくばらんな性格よ」と言うだけあって、知的でハキハキしたタイプ。

 

 

dinah

ダイナ・ジェーン19

批評家にはビヨンセとも比べられる歌声を持つダイナ。自信を出すためにハイヒールを履くという彼女は、ルックスはセクシーだけれど、性格はじつはおふざけ好き!

 

 

camilla

カミラ・カベロ(19

超がつくほどポジティヴ思考なラテン系のカミラ。オースティン・マホーンやショーン・メンデスなど、同年代のボーイズシンガーとのウワサが後を絶たない!

 

 

normani

ノーマニ・コーディ(20

幼い頃から、歌、ダンス、新体操と、多才ぶりを見せていたノーマニ。女優として米HBOのドラマ『トリーム(原題)』に出演したこともある、生粋のエンターテイナー!

 

そんな5Hの魅力を徹底分析!

魅力1 2015年にツイッターで最も盛り上がったグループ

今世界で最も話題になっているグループ。それが、5H。それを証明するように、2015年に世界で最もツイートされた女性アーティストは、5Hだった。最も話題になった楽曲のランキングでも、5Hの「ワース・イット」が1位に。

 

魅力2 マライア・キャリーに認められたハーモニー

テイラー・スウィフト、エド・シーラン、ワン・ダイレクションなど、5Hのファンを公言するアーティストはたくさん。そのなかでもとくにスゴいのが、あの歌姫マライア・キャリーをうならせたこと。マライアの曲をサンプリングした「ライク・マライア」を聴いたマライアに、ツイッターで「大好き!! 感謝してるしとても楽しめたわ」と褒められた。

ScreenHunter_217 Jul. 01 10.16

マライア・キャリーがフィフス・ハーモニーのLike Mariahを絶賛!

ScreenHunter_219 Jul. 01 10.18

テイラー・スウィフトのコンサートに登場したフィフス・ハーモニーの写真を「フィフス・ハーモニーに入りたいわ」とコメントを添えてテイラーがツイッターに投稿。

 

魅力3 苦労を知っている努力家ガールズ

この人気ぶりながら、5Hは意外にも、『Xファクター』では全員が落選組。ソロとして落選した後、グループになることでセカンドチャンスを手にし、デビューを勝ち取った。だからこそなのか、大の努力家で、1日8時間もぶっ通しでリハーサルすることも! ステージに立った時の完成度が高いのも納得。

 

魅力4 バラバラの個性が魅力的

キュートからセクシー、ハスキーからハイトーンヴォイスと、ルックスも歌声もバラバラの5H。でも全然違うのに、5人が揃うとそのハーモニーは絶妙。全然違うけれど合うのは、ローレンいわく「全員が同じゴールを共有している」から。

 

魅力5 曲も、発言も、メッセージにあふれている

デスティニーズ・チャイルドがそうだったように、パワフルでメッセージ性の強い曲を多く歌う5H。とくにSNS世代の5Hは、ON・OFF関係なく、ツイッターで自分の意見をハキハキ言うメンバーばかり。一方で、性格は明るくて素直。だからこそ、彼女たちに憧れる子は多い。

 

 そんな5Hが、5月27日に発売されたアルバム『7/27』をひっさげ来週初来日を果たす。7月8日にはテレビ朝日系『ミュージックステーション』での生パフォーマンスが予定されていて、翌7月9日には日本のファンと触れ合う「フィフス・ハーモニー 初来日記念★超プレミアム・イベント」が開催予定。世界一売れているガールズグループが、ついに日本上陸する。

 

Text: FRONTROW(フロントロウ編集部)/Sonia Kim Photo: Sony Music,Twitter/ Mariah Carey, Taylor Swift

KEYWORDS

キーワード

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.