エンタメ

SHOWBIZ

美しく成長した映画『トワイライト』のあの子役がディズニー映画の主役をゲット!

2016-7-31- 10:00

 2012年に公開された大ヒット映画『トワイライト』シリーズの最終章で、人間とヴァンパイアの間に生まれた子供レネズミ役を演じ、大人顔負けの美しい顔立ちと高い演技力で天才子役としてシリーズのファンたちに愛された女優のマッケンジー・フォイ。

 現在15歳になった彼女が、ディズニーの実写版映画『ザ・ナットクラッカー・アンド・ザ・フォー・レルムス(原題)』の主役に抜擢されたことが明らかに。

マッケンジー・フォイ 映画 トワイライト 主役 子役

透き通るような肌と子供なのにどこかミステリアスな雰囲気が話題に。

マッケンジー・フォイ 映画 トワイライト 子役 共演者

『トワイライト』シリーズのキャストたちもマッケンジーの可愛らしさにメロメロだった。

 『トワイライト』シリーズでのブレイク後は、アカデミー賞にもノミネートされた巨匠クリストファー・ノーラン監督のSF大作『インターステラー』(2014年公開)で演技派俳優マシュー・マコノヒーの娘役を演じ高評価を得たほか、数々のテレビ映画に出演したり、声優にも挑戦するなど、子役から大人の女優への階段を着々とステップアップしてきたマッケンジー。そんな彼女が、ついに主役の座を射止めた。

 美しく成長した最近の彼女の姿がコチラ。

マッケンジー・フォイ 映画 トワイライト 主役 子役 成長

 『ザ・ナットクラッカー・アンド・ザ・フォー・レルムス(原題)』は、チャイコフスキーのバレエ『くるみわり人形』の題材にもなった原作を実写化するもので、マッケンジーは、クリスマスの夜にプレゼントとしてもらったくるみわり人形とともに不思議な冒険をする主人公クララを演じる。

 世界中のディズニーファンの期待を集める実写版映画への主演が決定したことで、マッケンジーの注目度は今後急上昇すること間違いナシ。

 彼女についてもっと知りたい人は、マッケンジーのインスタグラムツイッターをチェックしてみて!

マッケンジー・フォイ 映画 トワイライト 主役 子役 愛犬

素顔は庭にやってきた小鳥の雛の面倒を見たり、愛犬をドレスアップしたりと動物が大好きな素朴で優しい性格。

 ディズニー実写版映画は、来年4月の日本公開が決まっている『美女と野獣』のほかに、8月11日に日本公開がスタートする『ジャングルブック』の続編など、2017年からの2年間で9作品が公開される予定

 

Text: FRONTROW(フロントロウ編集部)/Ayumi Nakazawa Photo: ゲッティーイメージズ, スプラッシュ,ニュースコム, Instagram/ Mackenzie Foy

KEYWORDS

キーワード

ディズニー 映画

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.