エンタメ

SHOWBIZ

大ヒット映画『きっと、星のせいじゃない。』には意外すぎる2つの結末があった

2016-11-13- 8:00

 世界20ヵ国で1位を獲得した映画『きっと、星のせいじゃない。』の原作者ジョン・グリーンが、この感動作からは想像できないような、意外な2つのエンディングを考えていたことを明かした。

『きっと、星のせいじゃない。』 アンセル・エルゴート シェイリーン・ウッッドリー 『きっと、星のせいじゃない。』は、末期のガン患者である少女ヘイゼルと、骨肉腫という骨のガンを患っていたガスという少年の切ない恋愛を描く物語。ベストセラー小説『さよならを待つふたりのために』をもとにした本作は、全世界で約300億円以上を稼ぐ大ヒットとなった。

 そんな物語には、衝撃の2つのエンディングが存在したという。

 ※ネタバレあり!この先、実際の本編の結末に関する記述があるのでご注意下さい。

NEXT>

意外すぎるエンディングとは?

 

1 2 3

KEYWORDS

キーワード

映画

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.