エンタメ

SHOWBIZ

2016年に「最もGoogleで検索された映画」が発表!

2016-12-17- 8:00

 大手検索サイトのGoogleが、2016年に「最も検索された映画」を発表。

 お休みを家でまったりと過ごす予定という人は、このリストを参考に今年話題の映画を観てみては? 裏話などとともに、トップ10をご紹介します。

 

10位
『ハクソー・リッジ』

ハックソー・リッジ Hacksaw Ridge

俳優のメル・ギブソンが監督を務める戦争映画が、全米での公開から約1ヵ月しか経っていないにもかかわらず10位にランクイン。批評家や観客からも反応が良く、ヴェネツィア国際映画祭での上映時には、スタンディングオベーションが10分間も続いたという。第二次世界大戦での沖縄戦を描く作品だが、日本公開は未定となっている。

 

9位
『死霊館 エンフィールド事件』

死霊館 エンフィールド事件

DVD&ブルーレイ発売中

大ヒットホラー映画の続編『死霊館 エンフィールド事件』は、前作を上回る約320億の興行収入をあげる大ヒットに。1970年代のイギリスで実際に起こった「史上最長のポルターガイスト」と呼ばれる事件をもとにしており、こちらの特別映像では実際の音声や映像を見られるので、我こそはというホラーファンはご確認を。

 

8位
『ズートピア』

ズートピア Zootopia ディズニー Disney

ブルーレイ、DVD、デジタルコピーがセットになったMovieNex発売中©Zootopia

『ズートピアは』動物たちが暮らす楽園を舞台に、人種差別などの社会問題を描くディズニー映画。ノミネート発表前にもかかわらず、アカデミー賞の長編アニメ賞を獲得するのではないかという声が批評家たちから上がっている。大人から子供まで楽しめる本作の全世界での興行収入は、まさかの1,000億円超えを果たした。

 

7位
『ファインディング・ドリー』

ファインディング・ドリー Finding Dory  ディズニー ピクサー

ブルーレイ、DVD、デジタルコピーがセットになったMovieNex発売中©Finding Dory

人気映画『ファインディング・ニモ』の続編である本作は、公開最初の週末で約142億円を稼ぎ、アニメ映画史上歴代1位のオープニング興行収入となった。こちらも『ズートピア』同様、最終的な興行収入は1,000億円を超えており、ディズニー映画の人気ぶりがうかがえる。

 

6位
『ドクター・ストレンジ』

ドクター・ストレンジ Doctor Strange マーベル Marvel 映画 

英BBCのドラマ『シャーロック』でブレイクし、日本でも多くのファンをもつベネディクト・カンバーバッチがアクションに挑戦したマーベル映画『ドクター・ストレンジ』。映像美に高い評価が集まっており、既に見た映画ファンからは「3Dで見た方が良い」という声多し。日本では来年1月27日より全国ロードショーとなる。

 

NEXT>

1位はあのヒーロー映画!

 

1 2

KEYWORDS

キーワード

2016年総集編 ディズニー ライアン・レイノルズ 映画

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.