エンタメ

SHOWBIZ

発売7周年!ジャスティン・ビーバーの名曲MVにブレイク前のあの人が出演していた

2017-1-19- 7:00

 シンガーのジャスティン・ビーバーを一躍トップスターへと押し上げた2010年の名曲「ベイビー feat. リュダクリス」のリリースから今週水曜日(1月18日)ではや7年。

 デビューしたてであどけなかった15歳のジャスティンがキュートな表情を見せている同曲のMVに、当時まだブレイクしていなかったある2人の人気実力派アーティストがカメオ出演していた。

 「ベイビー」のリリース7周年を記念して、コアなファンにしか知られていないその正体をお教えしよう。

ジャスティン・ビーバー 「ベイビー」MV

 その2人のアーティストとは、ジャスティンと同じくカナダ出身のラッパー、ドレイクとセクシーなダンスと抜群の歌唱力で人気急上昇中の女性シンガー、ティナーシェ。

ドレイク Drake ティナーシェ Tinashe

ジャスティンを弟のようにかわいがっているドレイク。ティナーシェは世界一稼ぐDJのカルヴィン・ハリスが元恋人のテイラー・スウィフトとの破局直後にデートに出かけた相手としても話題に。

 2人はMVの1分13秒あたりからのボーリング場のシーンに登場し、どこかぎこちない演技を見せている。

ジャスティン・ビーバー 「ベイビー」MV ドレイク ティナーシェ

 同MVへの出演についてティナーシェは、「スタッフに『出てみる?』って声をかけられて、その日ほかにすることがなかったから出てみたの」と行き当たりばったりだったことを告白。

 そして、この時の共演がキッカケで親しくなったジャスティンとドレイクは、その後、2012年にリリースされたジャスティンの2枚目のアルバム『ビリーヴ』の収録曲「ライト・ヒア」でコラボを果たしている。

  公開以来、15億3千万回以上というとんでもない再生回数を記録している「ベイビー」のMV。

 これまでにも何度も見たことがあるという人も多いと思うが、若き日のドレイクとティナーシェが出演していたとは、言われなければなかなか気がつかない。

 

Text & Photo: フロントロウ編集部(FRONTROW)/Ayumi Nakazawa、ニュースコム、Youtube/ Vevo

KEYWORDS

キーワード

ゴシップ ジャスティン・ビーバー トリビア ドレイク ヒップホップ

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.