エンタメ

SHOWBIZ

怖がる犬を無理やり激流に…感動作のはずの動物映画のメイキング映像に抗議が殺到

2017-1-20- 7:00

 全米で1月27日に公開が予定されている犬を主役にしたコメディドラマ映画『ア・ドッグズ・パーパス(原題)』のあるワンシーンの撮影風景の映像が流出し、物議を醸している。

A Dog's Purpose ア・ドッグズ・パーパス ポスター

ⒸUniversal Pictures /DreamWorks II Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.

 主人公の犬が何度か生まれ変わりを経験しながら、人間との絆を通して自分の生きる意味を見出していくという感動ストーリーを描いた同作で、最も注目となるのがキュートな犬たちの演技。

 予告編を見れば分かるように、ハートフルな作品に仕上がっている同作だが、今週、米TMZを通じて流失した撮影風景を収めた動画を見た人々からは、「かわいそうすぎる!」、「動物虐待だ!」などの非難の声が相次いでいる。

 

問題の動画とは?

 その動画の内容とは、1匹の犬が川に飛び込むというワンシーンで、スタント犬としてキャスティングされたヘラクレスという名前のジャーマン・シェパードが、ひどく怯えているにも関わらず、撮影用のプールに作られた川に見立てた激流に無理やり引きずり落とされそうになるというなんとも残酷なもの。

 

 この映像を撮影している男性も「もう少しだ!投げちゃえ!」などと、まるで嫌がる犬の様子を面白がるような発言を繰り返していることから、動物愛護団体をはじめ、世界中の愛犬家たちから大きな怒りを買っている。

 

NEXT

動物愛護団体が抗議 出演俳優、監督も非難コメントを寄せる

 

1 2

KEYWORDS

キーワード

動物 映画 裏事情

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.