エンタメ

SHOWBIZ

2017年ラジー賞候補が発表!『ズーランダー No.2』が「不名誉」史上最多7冠か!?

2017-1-25- 13:00

 今年も「最低」な映画を決める祭典「ゴールデンラズベリー賞(通称ラジー賞)」が、アカデミー賞の前日2月25日に開催される。米CNNの番組で23日、候補作品が発表され、『ズーランダー No.2』が史上最悪で最多の7部門にノミネートされた。

ラジー賞 ゴールデン・ラズベリー賞 ズーランダー No.2 ノミネーション 2017  Razzie Golden Raspberry Awards Zoolander2

映画『ズーランダー No.2』デレク・ズーランダー役のベン・スティラー。

 主催するゴールデンラズベリー賞財団によると、今年はあまりに酷い映画が多かったので、ノミネートの枠を各部門で5から6へと拡大したという。

 各部門のノミネートは以下のとおり。

 

 【最低作品賞】

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

『ダーティ・グランパ』

『キング・オブ・エジプト』

『ヒラリーズ・アメリカ:ザ・シークレット・ヒストリー・オブ・ザ・デモクラティック・パーティー』

『インデペンデンス・デイ・リサージェンス』

『ズーランダー No.2』

 

【最低主演男優賞】

ベン・アフレック『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

ジェラルド・バトラー『キング・オブ・エジプト』『ロンドン・ハズ・フォールン』

ヘンリー・カヴィル『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

ロバート・デ・ニーロ『ダーティ・グランパ』

ディネシュ・デスーザ(コメンテーター本人役)

『ヒラリーズ・アメリカ:ザ・シークレット・ヒストリー・オブ・ザ・デモクラティック・パーティー』

ベン・スティラー『ズーランダー No.2』

 

【最低主演女優賞】

ミーガン・フォックス『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウ>』

タイラー・ペリー『ブー! ア・マディア・ハロウィーン』

ジュリア・ロバーツ『マザーズ・デイ』

ベッキー・ターナー(ヒラリー・クリントン役)

『ヒラリーズ・アメリカ:ザ・シークレット・ヒストリー・オブ・ザ・デモクラティック・パーティー』

ナオミ・ワッツ『アリージェント Part1』『シャット・イン』

シェイリーン・ウッドリー『アリージェント Part1』

 

【最低助演女優賞】

ジュリアン・ハフ『ダーティ・グランパ』

ケイト・ハドソン『マザーズ・デイ』

オードリー・プラザ『ダーティ・グランパ』

ジェーン・シーモア『フィフティ・シェイズ・オブ・ブラック』

セーラ・ウォード『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

クリステン・ウィグ『ズーランダー No.2』

 

【最低助演俳優賞】

ニコラス・ケイジ『スノーデン』

ジョニー・デップ『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

ウィル・フェレル『ズーランダー2』

ジェシー・アイゼンバーグ『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

ジャレッド・レト『スーサイド・スクワッド』

オーウェン・ウィルソン『ズーランダー No.2』

 

【最低スクリーンコンボ賞】

ベン・アフレックとその大親友ヘンリー・カヴィル『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

エジプトの神々と暴君(ニコライコスター=ワイルド、ジェラルド・バトラー、ブレントン・スウェイツ)『キング・オブ・エジプト』

ジョニー・デップと吐き気で震えるコスチューム『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

かつては名優といわれていた全てのキャスト(ウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット)『素晴らしきかな、人生』

タイラー・ペリーと同じように使いすぎたウィッグ『ブー! ア・マディア・ハロウィーン』

ベン・スティラーとその親友オーウェン・ウィルソン『ズーランダー No.2』

 

【最低映画監督賞】

ディネシュ・ドゥスーザ、ブルース・スクーレー『ヒラリーズ・アメリカ:ザ・シークレット・ヒストリー・オブ・ザ・デモクラティック・パーティー』

ローランド・エミリッヒ/『インデペンデンス・デイ・リサージェンス』

タイラー・ペリー『ブー! ア・マディア・ハロウィーン』

アレックス・プロヤス『キング・オブ・エジプト』

ザック・スナイダー『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

ベン・スティラー『ズーランダー No.2』

 

【最低リメイク、パクリ、続編映画賞】

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

『フィフティ・シェイズ・オブ・ブラック』

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウ>』

『ズーランダー No.2』

 

【最低脚本賞】

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

『ダーティ・グランパ』

『キング・オブ・エジプト』

『ヒラリーズ・アメリカ:ザ・シークレット・ヒストリー・オブ・ザ・デモクラティック・パーティー』

『スーサイド・スクワッド』

 

 なお、ラジー賞は、ワーストに輝いたセレブがわざわざ授賞式に出席して安っぽいラジー像を受け取りにくるのかどうかが見どころのひとつ。出席した場合は毎年ユニークなスピーチを披露しているので、こちらも注目となる。

Text & Photo: フロントロウ編集部(FRONTROW)/ Yoko Narumi, Instagram/Zoolander

KEYWORDS

キーワード

アワード特集2017 シェイリーン・ウッドリー ジャレッド・レト ジョニー・デップ 映画

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.