エンタメ

SHOWBIZ

映画『美女と野獣』ベルの「本好き」キャラには深い意味があった!

2017-3-15- 6:30

美女と野獣 映画 ディズニー 実写版 エマ・ワトソン Beauty and the Beast Disney Movie Emma Watson

Photo:スプラッシュ/アフロ、 ニュースコム、Facebook/Beauty and the Beast

【フロントロウ編集部】

 日本公開を約1ヵ月後に控えた、女優エマ・ワトソン主演のディズニー実写版映画『美女と野獣』(4月21日公開)。名作アニメ映画の実写化作品に期待が高まるなか、主人公のベルを演じるエマが『美女と野獣』に込められた深いメッセージを明かした。

 

「本好き」の少女である理由

 『美女と野獣』の主人公ベルは、歩きながら本を読んだり、毎日のように貸本屋に通ったりするほど本が大好きな少女。そんなベルの「本好き」というキャラクターには、実は深い意味があるのだという。

美女と野獣 ディズニー 映画 Beauty and the beast movie disney

©WALT DISNEY PRODUCTIONS / Album/Newscom

 エマはメディアサイトMashableに対し、「本はすごくパワフルで、人生や物の見方を変える力を持っているわ。そしてこの物語は、本の神聖な本質について語っているの」と、本の持つ力についてコメント。本は自分に自信を持たせてくれるものであり、そういった本の力をこの物語は伝えているという。

 またエマは、「私たちは依然として、性別が理由で学校へ行くことが出来ない少女が8,000万人以上もいる世界に住んでいるのよ」ともコメント。「女性である」ということが理由で、十分な教育を受けられない少女が数多く存在するなかで、本を読み、その知識を生かすことの出来る「ベルという女性」を描くことの大切さを訴えた。

美女と野獣 映画 ディズニー 実写版 エマ・ワトソン Beauty and the Beast Disney Movie Emma Watson

 エマは自らブッククラブを主催し、フェミニズムに関する本などを通して、男女平等に対する知識を広めるために活動している。そんな彼女が強い共感を覚えたと語るだけあり、ベルのキャラクターにも「男女平等」に対する深いメッセージが込められていた。

KEYWORDS

キーワード

『美女と野獣』 エマ・ワトソン ディズニー フェミニズム 映画

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.