今日(日本時間の1月9日)開催の第74回ゴールデン・グローブ賞のレッドカーペットを華やかなドレスで彩ったセレブたち。

 同イベントでのドレストレンドや、あっと驚く高額なジュエリーの値段、その他裏話をフロントロウが早出し!

 

トレンドカラーは「イエロー」&「ホワイト」!

今回のアワードで特に多く見かけられたのが、2017年の春夏トレンドカラーでもある「イエロー」と、レッドカーペットに映える「ホワイト」のドレス。

ゴールデン・グローブ賞 トレンド イエロー

左から:ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のメイジー・ウィリアムズ、映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』でノミネートを果たしたナタリー・ポートマン、映画『フェンセズ』で助演女優賞(映画)に輝いたヴィオラ・デイヴィス。

ゴールデン・グローブ賞 トレンド 白

左から:ノミネート作品『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のミシェル・ウィリアムズ、『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン、プレゼンターとして登場したシエナ・ミラー。

 

エミリー・ラタコウスキーのドレスが360度どこから見ても美しい!

この日のために長かった髪をカットしたモデルのエミリー・ラタコウスキーも、今回のアワードで人気だったイエローのドレスをチョイス。胸元の大胆なカットアウトとスリット、背中のクリスタルがゴージャスなReem Acra(リーム・アクラ)のドレスはどの角度から見てもビューティフル!

<正面>

エミリー・ラタコウスキー ゴールデン・グローブ賞

<サイド>

エミリー・ラタコウスキー ゴールデン・グローブ賞

<バック>

エミリー・ラタコウスキー ゴールデン・グローブ賞

 

サラ・ジェシカ・パーカーはまさかのウェディングドレスで登場

大ヒットドラマ『セックス・アンド・ザ・シティー』の主人公キャリーを演じた女優のサラ・ジェシカ・パーカーは、Vera Wang(ヴェラ・ウォン)の2017年のブライダルコレクションからショルダー部分がカットアウトになった個性的なデザインの白のドレスをチョイス! ウェディングドレスだろうと関係なくデザインが気に入れば着る、という筋金入りのファッショニスタぶりに脱帽。

サラ・ジェシカ・パーカー ゴールデン・グローブ賞 ウェディングドレス

 

ドリュー・バリモアが身に着けていたジュエリーは総額3億円!

鳥の羽をイメージしたようなMonique Lhuillier(モニーク・ルイリエ)のドレスがレッドカーペットに登場するやいなや、ネット上で「美しい!」と大好評だった女優のドリュー・バリモア。彼女がドレスに合わせて身に着けていたのが、高級宝石ブランド、Harry Winston(ハリー・ウィンストン)のダイヤモンドのアクセサリー。その総額はなんと約3億円! 高額なだけあって、ドレスに負けない輝きを放っていた。

ドリュー・バリモア ゴールデン・グローブ賞 ドレス ジュエリー

 

エヴァン・レイチェル・ウッドがスーツで登場した深い理由とは? 

SFドラマ『ウェスト・ワールド』で人気が再燃している女優のエヴァン・レイチェル・ウッドはAltuzarra(アルチュザラ)のロング丈ジャケットにボウタイブラウスをINし、サイドにサテンのラインが入ったフレアパンツのスーツでレッドカーペットに登場。ドレスではなくスーツを選んだ理由について「若い女性たちにアワードだからと言ってドレスを着なくちゃいけないわけじゃない。着たいものを着ればいいっていうことを伝えたかったの」と話していた。フェミニストな彼女ならではの無言の主張。

エヴァン・レイチェル・ウッド ゴールデン・グローブ

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.