NY、ロンドン、ミラノ、パリで行われたファッションウィーク。各会場でファッショニスタたちの着用率がNo.1だったデニムジャケットを発見。
画像1: ジジ、カーリーほか、ファッショニスタ着用率No.1のデニムジャケットは?

 そのデニムジャケットとは、セレブに人気のデニムブランドFrame(フレーム)のデニムジャケット。バック部分には、2017年春夏コレクションの開催都市名が並び、ツアーTシャツ風のデザインで、お値段は約57,500円(575ドル)。

画像2: ジジ、カーリーほか、ファッショニスタ着用率No.1のデニムジャケットは?
画像3: ジジ、カーリーほか、ファッショニスタ着用率No.1のデニムジャケットは?

 そんなモノトーンのポップなワッペンが目を引くデニムジャケットに、ファッショニスタたちは夢中に。

画像4: ジジ、カーリーほか、ファッショニスタ着用率No.1のデニムジャケットは?

ジジ・ハディッド

クールなブラックスタイルに、ポップなデニムジャケットを羽織って遊び心をプラス。


画像: ジジ・ハディッド

カーリー・クロス

定番のデニム・オン・デニムは、カットオフデニムとワッペンデニムジャケットで今年っぽくアップデート。


画像: カーリー・クロス

エミリー・ラタコウスキー

ワッペンデニムジャケット以外はシンプルにまとめて、ポップなジャケットもクールに。


画像1: エミリー・ラタコウスキー
バックには都市名の下には、「エミリー」の名前入り。

画像2: エミリー・ラタコウスキー

ドウツェン・クロース

モノトーンスタイルにデニムジャケットをプラス。バンダナを巻いて首元に赤のアクセントを。


画像: ドウツェン・クロース

コンスタンス・ヤブロンスキー

ルーズフィットなスタイリングも、モノトーンでワッペンデニムジャケットをクールにまとめて。

This article is a sponsored article by
''.