そんなペットの犬に関するある習慣が、日本と海外で大きな差があることが判明!それは一体何なのか、まずはこちらのワンちゃんを散歩しているセレブの様子をご覧ください。

 世界で最も多く飼われているペットである犬。ハリウッドでも多くのセレブが犬を飼っており、散歩している姿がよくパパラッチされる。

ヒュー・ジャックマン

画像: ヒュー・ジャックマン

オリヴィア・パレルモ

画像: オリヴィア・パレルモ

ナタリー・ポートマン

画像: ナタリー・ポートマン

パトリック・シュワルツェネッガー

画像: パトリック・シュワルツェネッガー

パリス・ヒルトン

画像: パリス・ヒルトン

アマンダ・サイフリッド

画像: アマンダ・サイフリッド

ソフィア・リッチー

画像: ソフィア・リッチー

ドッグウエアを着せるのは、アリ?ナシ?

 7人のセレブが連れているペットの犬に注目してみると、ペットに洋服を着せているのはパリス・ヒルトンただ1人。

画像: ドッグウエアには「I ♡ PARIS」の文字が。

ドッグウエアには「I ♡ PARIS」の文字が。

  海外ではペットに洋服を着せるという行為を嫌う人も多く、ドッグウェアの習慣は日本ほど浸透していない。日本に来た外国人旅行者も、洋服を着たペットが多いことにびっくりすることがあるという。
 ある調査では、日本の都市部ではペット犬のドッグウエアの着用率はなんと42%。実に2匹に1匹がドッグウエアを着用しているという驚きの結果になった。

 ドッグウエアを着せること自体に賛否両論があるけれど、ハリウッドではドックウエアは不人気みたい。

This article is a sponsored article by
''.