人気グループ、ワン・ダイレクション(1D)のセカンドアルバム『テイク・ミー・ホーム』のアルバムカバーで使用された赤色の電話ボックスがオークションに出品される。
画像: Photo: スプラッシュ/アフロ

   Photo: スプラッシュ/アフロ

『テイク・ミー・ホーム』は1Dが2012年にリリースし、その年最も売れたアルバムトップ5にランクインしたアルバム。
 アルバムカバーではイギリス名物である赤い電話ボックスの上にリアム・ペインが乗り、後にグループを脱退したゼイン・マリクの助けを借りてルイ・トムリンソンがリアムに続きよじ登ろうとする様子を、横に立つハリー・スタイルズと電話ボックスの中に閉じ込められたナイル・ホーランがながめる、という図になっている。

画像1: 1Dアルバムに使われたあの有名な電話ボックスがオークションへ、落札予想価格は?
画像2: 1Dアルバムに使われたあの有名な電話ボックスがオークションへ、落札予想価格は?

 このアイコニックな電話ボックスは4月14~20日の期間に「ハード・ロック・ロンドン」にて一般公開される予定で、その後、5月20日にハード・ロック・ニューヨークにてオークションに出される。
 現地での落札予想額は約66万円。1D関連のオークションでは過去にナイルが食べ残したトーストに1,000万円以上の値がついたことがあるだけに、安く感じてしまう?

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.