国際レコード産業連盟が昨年もっとも売れたアルバムを発表した。

 2016年に最もヒットしたアルバムとは?国際レコード産業連盟の調査結果がこちら。

今年の1位と2位はグラミーでも争ったアーティスト

 2016年も多くのアルバムが発売されたが、そのなかで最も売り上げがよく、ランキング1位に輝いたアルバムは、250万枚売り上げたビヨンセの『レモネード』。
 ビヨンセは同アルバムでグラミー賞主要4部門中3部門にノミネートしたが惜しくも逃してしまい、主要3部門を受賞したアデルが、「今回は彼女の年だと思っていたわ。ビヨンセはどうすれば最優秀アルバム賞を受賞することができるの」と胸のうちを明かしたのも記憶に新しい。

画像: 今年の1位と2位はグラミーでも争ったアーティスト

 そんなアデルの『25』はビヨンセに次ぐ2位にランクイン。しかし、驚くべきことに『25』は、2015年の11月に発売されたもの。
 昨年発表された2015年アルバム売り上げランキングで1位に入ったアルバムが、今回2位に入るという偉業を達成した。
 今回アルバム売り上げにランクインした上位5組を紹介。

2016年アルバム売り上げランキング

1位:ビヨンセ『レモネード』250万枚
2位:アデル『25』240万枚
3位:ドレイク『ヴューズ』230万枚
4位:メタリカ『ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト』210万枚
5位:デヴィッド・ボウイ『ブラックスター』190万枚


 今年はこれからどんなアルバムが登場し、来年どのような結果になるのか期待される。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.