現地時間5月1日に世界最大のファッションの祭典メット・ガラが開催。過去のドレスを振り返り。

 毎年5月の第1月曜日にNYのメトロポリタン美術館で行われる、世界最大のファッションの祭典メット・ガラ。豪華すぎる顔ぶれがそろうことでも知られるメット・ガラは、今年で開催47周年。
 この歴史あるイベントには毎年テーマが定められており、セレブたちはテーマに合わせたドレスでその美しさを競う。
 そして今年のテーマは、なんと日本人デザイナー川久保玲とコムデ・ギャルソン。
 フロントロウ編集部では、過去のドレスを振り返り話題になったドレスを紹介。

2016年 テーマ:手仕事×機械~テクノロジー時代のファッション~

ビヨンセ

 シンガーのビヨンセは、ラテックス素材で制作されたジバンシイのドレスを着て登場。ラテックス生地のドレスにはパールが、ひとつひとつ付けられていることでも話題になった。

画像: ビヨンセ

エマ・ワトソン

 映画『美女と野獣』のエマ・ワトソンは、トレーンが長いモノトーンのドレスを着用。一見普通に見えるこのカルバン・クラインのドレス、実はパンツドレスになっており、すべてペットボトルなどリサイクル素材で作成されたエコフレンドリーなもの。

画像: エマ・ワトソン

クレア・デインズ

 ドラマ『ホームランド』のクレア・デインズが着ている一見普通なザック・ポーゼンのドレスは、光るファイバーがドレスに埋め込まれており、暗闇に入ると大変身。まるでシンデレラのようだと、ベストドレッサーとの声が高かった。

画像: クレア・デインズ

2015年 テーマ:鏡を通して見る中国

リアーナ

 リアーナが黄色のドレスをまとって会場にあらわれ、一気にその場にいた人の視線を奪ったグオ・ペイのドレス。完成までに2年もの制作時間がかけられ、総重量が25キロもあるドレスは、圧巻の存在感を放った。

画像: リアーナ

サラ・ジェシカ・パーカー

 ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカーは、フィリップ・トレイシーの大きなヘッドピースが注目の的に。この日着たワンショルダーのドレスはH&Mと自身がコラボし、サラがデザインを手がけたもの。

画像1: サラ・ジェシカ・パーカー

2014年 テーマ:チャールズ・ジェームズ~ファッションを超えて~

ブレイク・ライヴリー

 グッチのドレスを着て登場した『ゴシップガール』のブレイク・ライヴリー。無数のビジューがきらめくドレスと、彼女がはじめて夫のライアン・レイノルズとともにメット・ガラに登場したことで話題になった。

画像: ブレイク・ライヴリー

サラ・ジェシカ・パーカー

 2014年のサラは、オスカー・デ・ラ・レンタのドレスを着用。ドレスの裾にはサラの提案で、デザイナーのオスカー・デ・ラ・デンタ直筆のサインが刺しゅうで施されている。

画像2: サラ・ジェシカ・パーカー

2013年 テーマ:パンク~カオスからクチュールへ~

アン・ハサウェイ

 映画『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイはパンクがテーマということで、髪の毛を金色に染め、メイクもパンク調で登場し、会場をざわめかせた。ドレスはヴァレンティノのヴィンテージものを着用。

画像: アン・ハサウェイ

カーラ・デルヴィーニュ

 シンプルながら力強いバーバリーのドレスで登場したモデルのカーラ・デルヴィーニュ。ドレスの上半身には無数のスタッズが施され、この年のテーマであるパンクを彷彿とさせるデザインに。

画像: カーラ・デルヴィーニュ

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.