155cmという低身長セレブながら、高身長に見えるコーディネートを披露するコートニー・カーダシアンのファッションにフォーカス。

 海外セレブと言えば、背が高くすらっとした手足でなんでも着こなすというイメージがあるけれど、中には日本人とそう変わらない低身長セレブも。リアリティスターのコートニー・カーダシアンは、155cmという身長ながら背が高く見えるテクニックを駆使する天才。そんなコートニーのワザをご紹介。

ワントーンでまとめてすっきりと

 全身をワントーンで統一することで縦長ラインを作り細長く見せるのは、コートニーお気に入りのテクニック。

画像1: ワントーンでまとめてすっきりと

 ブラックのクロップトパンツにCALVIN KLEINのシルクキャミソールをインした全身黒のシティルック。スエードショルダーバッグはSAINT LAURENTのもの。

画像2: ワントーンでまとめてすっきりと

 レースのボディースーツをGIVENCHYのワイドパンツにインし、洗練されつつも辛口なスタイルに。FENDIのビジューが施されたミニバッグで華やかなアクセントを。

ハイウエスト+クロップトトップスでバランスを取る

 肌を隠しすぎると全体のバランスが悪くなってしまうので、それを防ぐためには、ボトムスはハイウエストで重心を上げ、クロップトトップスで絶妙な肌見せで軽さを出すのが正解。

画像1: ハイウエスト+クロップトトップスでバランスを取る

 フロントにジップがついたエッジーなOFF-WHITEのクロップトジャケットをトップスとして着用し、ハードなハイウエストのダメージデニムに合わせて。靴とバッグも黒で統一。

画像2: ハイウエスト+クロップトトップスでバランスを取る

 黒のハイウエストパンツにストライプのクロップトトップスを合わせ、ちらりとウエストを肌見せ。デコルテが出るオフショルダーにはチョーカーが好相性。

脚は思いっきり出すor絶対領域だけ出す

 低身長ファッションで一番大事なのはバランス。脚を出す際、コートニーは必ず思いっきり出すかニーハイブーツで絶対領域のみを出して、バランスを調節。 

画像1: 脚は思いっきり出すor絶対領域だけ出す

 METALLICAのヴィンテージビッグTシャツにAQUAZZURAのベルベットニーハイブーツを合わせてグラムロックに。絶対領域をアピールしてスタイルアップ。

画像2: 脚は思いっきり出すor絶対領域だけ出す

 白Tシャツの上にシルクのスリップドレスを重ね着し、大胆に脚を見せてミニマムに着地。

ヘアはポニーテールで視線を上に

 低身長をカバーするには、ヘアスタイルをポニーテールをするのが効果的。コートニ―はポニーテールで身長を盛りつつ、視線を上に集めることが多い。

画像1: ヘアはポニーテールで視線を上に

 ハイウエストボトムス+タイトなトップス+ロングアウターはコートニーがよくする黄金バランス。この日のヘアはポニーテールでまとめて。

画像2: ヘアはポニーテールで視線を上に

 細かいピンストライプのシャツとダークグレーのスキニーパンツで色合いを統一。高い位置で結んだポニーテールは逆毛を立ててボリュームアップ。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.