ユニバーサル・ピクチャーズが、往年のモンスター映画を次世代向けにリメイクし「ダーク・ユニバース」と称してシリーズ化することを発表した。

ドラキュラなどのクラシック・モンスターをリメイク化

 『魔人ドラキュラ』、『ミイラ再生』、『透明人間』、『フランケンシュタインの花嫁』、『狼男』などのクラシック・モンスター映画は、エンタメ界に多大な影響を与えてきた作品。

 映画『トワイライト』など、古くから伝わるモンスター映画にインスパイアされた作品は数多くある。

 そんなモンスター映画の数々が、次世代向けにリメイクされ「ダーク・ユニバース」としてシリーズ化されることが決定。

画像: ドラキュラなどのクラシック・モンスターをリメイク化

「ダーク・ユニバース」第一弾は「ミイラ」

 クラシック・モンスター映画のリメイク作品「ダーク・ユニバース」の第一弾は「ミイラ」。トム・クルーズ主演の映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』が7月28日に日本公開される。

 行方不明になった古代エジプトの文字が刻まれた石棺をきっかけに、世界を恐怖の底に引きずり込む。ミイラという意味の「マミー」相手に、主演のトム・クルーズ演じるニックが立ち向かう。

画像: 「ダーク・ユニバース」第一弾は「ミイラ」

ジョニデは「フランケンシュタイン」に

 映画『ザ・マミー』に次ぐ第二弾には、『フランケンシュタインの花嫁(仮題)』を予定。
大ヒット映画『美女と野獣』の監督を務めたビル・コンドンがメガホンをとり、2019年2月14日(木)に全米公開予定。

 そんなフランケンシュタインを演じるのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなど、超大作に欠かせないジョニー・デップ。
ジョニーは「ダーク・ユニバース」シリーズの別作品にて、透明人間役の出演も決定している。

画像1: ジョニデは「フランケンシュタイン」に

 ダーク・ユニバース作品は、世界的スーパースターと期待の新星が、象徴的なキャラクターに起用されることが特徴。
 『ザ・マミー』のトム・クルーズをはじめ、ジョニー・デップやラッセル・クロウなど豪華スターが、往年のモンスター映画に出演する。

画像2: ジョニデは「フランケンシュタイン」に

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』
監督:アレックス・カーツマン
出演:トム・クルーズ、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス/ラッセル・クロウ
配給:東宝東和
(C)Universal Pictures

ダーク・ユニバース
www.DarkUniverse.com 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.