大手スポーツブランドのナイキがSNSに投稿したサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドの写真がある理由で物議を醸している。

 スペインの強豪サッカーチーム、レアル・マドリードがUEFAチャンピオンズ・リーグで優勝したことを受け、大手スポーツブランドのナイキが自社とスポンサー契約を結ぶ、同チームのサッカー選手クリスティアーノ・ロナウドの幼少期の写真を投稿。

 写真には、「この少年は知っていた」という言葉とともにナイキのロゴマークが記載されていた。さらに、コメント欄には「誰もマデイラ出身の少年がスターの仲間入りを果たすと信じていなかった。マデイラ出身の少年本人をのぞいては」というメッセージも。マデイラはポルトガルにある島で、クリスティアーノの出身地。

 クリスティアーノ本人も、ナイキのスローガンである「Just Do It」というハッシュタグとともに、この写真をツイートした。

 と、ここまではとくに問題はないように思えるが、ファンからの指摘によって驚愕の事実が発覚。

画像: ©HYPEBEAST

©HYPEBEAST

 なんとこの写真のクリスティアーノが着ていたのは、ナイキの最大のライバルであるアディダスのスウェット。写真をトリミングすれば大丈夫だと思ったのかもしれないが、目ざといファンによって、写真に隠された秘密があっさりとバレてしまった。

 ナイキがこの事実を知らなかったとは思えないが…、もしや確信犯だったりして!?

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.