香港のオークションハウスのクリスティーズで、高級ブランドのエルメスのバーキンバッグが史上最高額で落札された。

 落札されたのは2014年のヒマラヤバッグ。白い雪と土の色のような色合いは、名前の通りヒマラヤ山脈をイメージしてデザインされたもの。現在では、世界中でも限られた人しか手に入れることができないほど貴重なアイテムとなっている。

ダイヤ付きバーキンが史上最高額で落札

 そんなバッグが香港のオークションに登場。なんと約4,200万円という史上最高額で落札された。落札者は明かされていない。

画像: ダイヤ付きバーキンが史上最高額で落札

 貴重なワニ革で作られたヒマラヤバッグは、なんと205個ものダイヤモンドとホワイトゴールドが装飾されている。

ヒマラヤバッグは高騰し続けプレミア化

 ヒマラヤバッグは、素材となるワニ革の確保が年々困難になるため、生産量も少なくなっている。1つ1つ手作りで作られているだけでなく、ワニ革を染める作業は長年の経験を積んだ職人にしかできない技術のため、1年に1、2個しか生産されず、どんどん値段は高騰。今はプレミア化されている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.