BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)が、パリで2018年春夏コレクションを発表。ブランド史上初となるパリでのイベントを開催した。

 ビルケンシュトックは、パリ、チュイルリー広場に設けられたOrangerie Ephemere にて、2018年春夏シーズンのコレクションを発表。木製のカーブを描いたランウェイが緑溢れる会場に現れ、温室のような雰囲気に包まれた。

画像: ビルケンシュトックが初のパリでのイベントを開催!限定のアリゾナも発表

 このショーのために作られたルックに、ビルケンシュトックのシューズ、ベルト、ソックス、バッグを含む2018年春夏コレクションが、メル・オッテンバーグによりスタイリングされ、それらを身にまとった40人の男女のモデルがランウェイに登場。

2018年春夏コレクションは、 3つのテーマで構成

 ひとつめのテーマは、「World & People(ワールドアンドピープル)」。様々な国の持つ文化からインスピレーションを受けた色彩、装飾、素材を用い、クロスカルチャーによるつながりにフォーカス。そして「Nature & Tech(ネイチャーアンドテック)」は、天然素材と合成素材を用い、バーチャルとリアリティといった要素を取り入れ、自然とテクノロジーの融合を表現した。そして「Past & Future(パストアンドフューチャー)」は、控えめなメタリックにドライビングフォースやアースストーンなどを組み合わせ、洗練されたラインナップを披露。

画像1: 2018年春夏コレクションは、 3つのテーマで構成

 パーフォーレーテッドされたレザー製のフットベッド、ラバーコーティングされたレザー、クリップ上の留め金、控え目にあしらわれたロゴ、グリップを利かせたソール、リベットやメタリックによる装飾が、このコレクションの鍵となっている。

画像2: 2018年春夏コレクションは、 3つのテーマで構成

限定のコラボ商品を発表

 またビルケンシュトックは、このパリメンズファッションウィーク期間中に、パリのセレクトショップ「コレット」とのコラボによる限定商品を発表。同ブランドの人気アイテムであるアリゾナにブラックレザーを用い、コレットの象徴的カラーであるブルーをドットプリントとバックルに取り入れたリミテッドエディション。

画像: 限定のコラボ商品を発表

 このアリゾナは、6月24日にコレットにてメンズ・ウィメンズ用合わせて200足が販売され、またコレットのオンラインサイトでも販売されている。7月後半には、コレットの店舗とオンラインサイトにて再び登場予定、プレオーダーも可能。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.