映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が7月1日に日本公開。過去4作でジョニーと共演してきた歴代キャストたちが、名優ジョニーとの共演を振り返る!

歴代キャストたち、ジョニーと共演した感想は?

 世界興収が4,000億円を超える(※Box Office Mojo調べ)『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで、多くの人気役者と共演してきた、ジャック・スパロウ役のジョニー・デップ
 歴代の共演者たちは、シリーズのファンと同じくらい、ジョニーのことや彼が演じるジャック・スパロウのことが大好き。歴代キャストたちのジョニー愛あふれる発言を集めました。

画像: 歴代キャストたち、ジョニーと共演した感想は?

キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン役)

脚本でのジャック・スパロウは当初はもっとマジメな設定だったの。そこにジョニーがやってきて、あの素晴らしいキャラクターを作り上げてくれた。私たちはそれを見て、『最高』と思いながらも、1作目ではそれが観客にウケるかどうか分からなかったから...ジョニーは2作目でさらに演技を進化させていて、(撮影中に)思わず笑っちゃうっていう難しさもあったのーキーラ・ナイトレイ(1~3作目・最新作に出演)、エドワード・ダグラスとのインタビューにて語って


画像: キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン役)

ビル・ナイ(デイヴィ・ジョーンズ役)

ジョニーはとてもかっこいい人間であり、たぐいまれなプロ精神の持ち主で、素晴らしい俳優だ。彼はほかの役者ができない選択をすることができる。あのレベルにいる役者が絶対に取らないリスクを取るんだ―ビル・ナイ(2、3作目に出演)、Screen Slamにて語って。


画像: ビル・ナイ(デイヴィ・ジョーンズ役)

オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー役)

このシリーズを通して、僕のヒーローのひとりであるジョニー・デップと共演することができた。(若手時代という)キャリアのあの時期に彼のやり方を見ることができたのは、とても影響を受ける出来事だったよ―オーランド・ブルーム(1~3作目・最新作に出演)、英BBCで語って。


画像: オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー役)

ペネロペ・クルス(アンジェリカ役)

私が最初にアメリカにやってきた時、2つのフレーズを英語で言えたの。『元気?』と「ジョニー・デップと仕事がしたい」…ジョニーと共演する際の問題は、彼がとてもユニークなユーモアセンスの持ち主だということ…笑いが止まらないせいで、現場でトラブルになることもあって、ずっと笑ってたせいでシーンが撮り終えられなくて2時間もの長丁場になったこともあった―ペネロペ・クルス(4作目に出演)、Mirror紙で語って。


『パイレーツ・オブ・カリビアン』過去4作品が見放題

 最新作の公開を記念して、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ過去4作品が6月17日~7月28日の期間限定で、月額500円(税別)でコンテンツ見放題の動画配信サービスdTVで配信中。国内の定額制配信サービスでは独占の配信となる。

 映画を観る前に、ぜひ一気見したい。

画像: 『パイレーツ・オブ・カリビアン』過去4作品が見放題

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.