ロシア人のカリーナ・ナスティアさんのものまねメイクのクオリティが高すぎると話題。

クオリティの高い「ものまねメイク」で人気

 ボディペインティングなどを駆使して、映画に出てくるキャラクターなどを本物そっくりにマネするロシア人のカリーナ・ナスティアさん。

 彼女のインスタグラムには、『美女と野獣』や『アバター』、『デスノート』などの多くのキャラクターになりきった写真が多数投稿されている。

ジョニデのあのキャラに変身

 そんな凄腕のカリーナさんが、ジョニー・デップの出演映画で特に人気のキャラクターのものまねメイクに挑戦。

画像: ジョニデのあのキャラに変身

 カリーナさんがなりきったのが、ジョニーのキャリアの中で大きな転機となった映画『シザーハンズ』のエドワード・シザーハンズ。2010年の映画『アリス・イン・ワンダーランド』のマッド・ハッター、ヴァンパイア役を演じた2012年の映画『ダーク・シャドウ』。

 そして7月1日に日本公開する最新映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』で大人気のジャック・スパロウにもなりきった。

『シザーハンズ』

『アリス・イン・ワンダーランド』

『ダーク・シャドウ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン』


 このほか、カリーナさんのインスタグラムには、多くのキャラクターのものまねメイクが投稿され、YouTubeチャンネルにはメイクプロセス動画もアップしているので、気になる人はチェックしてみては?

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.