今多くのセレブの間で、ブラをしないというファッションが急増している。ただオシャレのためにしているのではなく、このスタイルの裏にはあるメッセージが隠されていた。

 このブラをしないファッションというのは、2018秋冬コレクションでもいくつかのブランドがモデルにブラをさせずに、乳首をそのまま露出したスタイルを発表し、「フリー・ザ・ニップル」という1つのトレンドとして紹介されていた。

画像: セレブの間でトレンドの「ブラをしないファッション」の裏にはあるメッセージが

 かなり大胆なファッションなだけあって、これには賛否両論の意見が飛び交っている。それでもセレブたちは、このスタイルをやめることなく頻繁にブラをせずにカメラの前に姿を現している。

セレブたちの「フリー・ザ・ニップル」ファッション

ケンダル・ジェンナー

画像: ケンダル・ジェンナー

オリヴィア・パレルモ

画像: オリヴィア・パレルモ

リリー・ローズ・デップ

画像: リリー・ローズ・デップ

フェミニストとしてのメッセージも

 着ている服だけで批判されたり勝手なイメージをつけられたりして、苦しんでいる女性は少なくはない。そんな中、このブラをしないファッションというのは、モードなスタイルを強調するだけでなく、女性は『こういう風に服を着るべきだ』という社会が勝手に決めたルールには従わない』というフェミニストとしてのメッセージも込められている。

ベラ・ハディッド

画像: ベラ・ハディッド

キム・カーダシアン

画像: キム・カーダシアン

キアラ・フェラーニ

画像: キアラ・フェラーニ

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.