カーラ・デルヴィーニュ主演のSF超大作映画『ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ』の、リアーナ出演シーンが公開。

製作費190億円の超大作

 カーラ・デルヴィーニュとデイン・デハーン主演の映画『ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ』は、『スター・ウォーズ』の元ネタとも言われる作品。

画像1: 製作費190億円の超大作

 カーラと仲良しのリアーナが出演することでも話題になった同作は、映画『レオン』などを手掛けた監督リュック・ベッソンによるSF映画で、製作費なんと約198億円の壮大なスケールと映像美で描かれる。

 そんなSF超大作で、ダンサーのバブル役として出演するリアーナのメイキング映像が公開された。

画像2: 製作費190億円の超大作

リアーナも大興奮

 メイキング映像では、リアーナのセクシーなダンスシーンが初公開され、これまでベールに包まれていたリアーナの役どころをのぞき見ることが出来る。

 さらに、CG処理前の全身タイツを着たリアーナのおちゃめな姿も映されており、ファンにはたまらない動画となっている。

 今作で初めてリュック監督の作品に出演したリアーナは、「映画好きはみんなリュック監督のファンね。彼の創る世界観は素晴らしいし、そこに自分の名前があるのをポスターで見て感動した」と、興奮冷めやらぬ様子で今作の世界観に魅了されたことや、彼の作品に出演できて光栄だということを語った。

 

 そんな映画『ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ』は7月21日に全米公開され、日本では2018年に公開される予定。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.