リアリティスターのキム・カーダシアンが、人気ビューティブロガーとコラボしたメイク動画を公開。そのメイクテクニックが注目を集めている。

 キム・カーダシアンとコラボしてメイク動画を公開したのは、420万人ものフォロワーを抱える人気ビューティブロガーのジャクリン・ヒル。

画像: 【動画アリ】米人気セレブが小顔メイク「コントゥア」の方法を動画で公開

 そんなジャクリンと一緒にメイク動画にチャレンジしたキム。今回、彼女が動画で披露したのは、キムの代名詞的メイク法であり、世界的に広がりを見せている「コントゥアリング」。

キムのメリハリ「コントゥアリング」

 「コントゥアリング」とは、影となるシェーディングや光となるハイライトを上手く使って顔に陰影をつくり、立体感のある小顔に仕上げるメイク法。目鼻立ちをくっきりと見せることができるとあって、日本でも注目されているメイク。キムは普段からこのメイクを駆使していることで知られている。

画像: キムのメリハリ「コントゥアリング」

ポイント1:ハイライト

 まずキムは、ハイライトにドライコンシーラーとクリームコンシーラーを使用。はじめにドライコンシーラーを目の下にのせ、その上からクリームコンシーラーをかぶせ、人気メイクスポンジのビューティブレンダーを使ってしっかりブレンドしている。

画像: ポイント1:ハイライト

 「粉っぽくなりすぎるのが嫌なの」と語るキムは、ブラシを使ってコンシーラーの余分なパウダーを払い落とすことをれないという。


ポイント2:シェーディング

 ハイライトを入れたら、次は影となるシェーディング。

 キムは、「シェーディングをするときに大事なのは、2種類以上のシェードを使うことね」とコメント。シェーディングを入れる場所は、ミディアムカラーのシェードで、額の端や頬骨の下、顎周りにラインをひき、ダークカラーのシェードで、鼻筋の脇に縦のラインひくと自然な仕上がりになるという。

画像1: ポイント2:シェーディング

 まるでお絵かきのように、大胆に顔に筆を走らせるキム。彼女いわく、ダークカラーのシェードは、明るいエリアとのコントラストをつくるために使うことがポイントだそう。また、「初めてシェーディングをする場合は、まず明るめの色から試してみるといいわ」とアドバイス。

画像2: ポイント2:シェーディング

 シェーディングが完成したら、小さなブラシで丁寧にブレンド。キムは普段から、髪の生え際までしっかりなじませているという。

 そしてコントゥアリングメイクがすべて終わった2人は、光を操るメリハリ顔で記念撮影。

画像3: ポイント2:シェーディング

 コントウァリングのメイクを流行らせたと言っても過言ではないキムのメリハリ小顔メイク法。引き締まったメリハリ小顔が作りたい人は、ぜひ動画をチェックしてみて。

画像: Get Ready With Me & Kim Kardashian | Jaclyn Hill www.youtube.com

Get Ready With Me & Kim Kardashian | Jaclyn Hill

www.youtube.com

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.