ワン・ダイレクションなどを発掘したサイモン・コーウェルが審査員を務める、オーディション番組『アメリカンズ・ゴット・タレント』で9歳の少女が驚きの歌声を披露した。

9歳とは思えない歌唱力を披露

 未来のテイラー・スウィフトといわれる、グレース・ヴァンダーウォールや、数々のシンガーを生んだアメリカの人気オーディション番組『アメリカンズ・ゴット・タレント』で、9歳の女の子アンジェリカ・ヘイルが登場した。

画像: 9歳とは思えない歌唱力を披露

 過去にも同世代の子供が登場したことがあったが、驚くべきは審査員や観客を魅了するその歌声。
 前回は、アンドラ・デイの「レイズミー・アップ」を披露し、サイモンに「未来のスターを見つけた気分だ」とまで言わせたアンジェリカ。
 今回は、アリシア・キーズの「ガール・オン・ファイア」で見ている人たちの心を動かした。

画像: Angelica Hale: 9-Year-Old Earns Golden Buzzer From Chris Hardwick - America's Got Talent 2017 youtu.be

Angelica Hale: 9-Year-Old Earns Golden Buzzer From Chris Hardwick - America's Got Talent 2017

youtu.be

会場総立ちで「ゴールデン」コール

 アンジェリカが歌い終わると、客席からは割れんばかりの「ゴールデン」コール。そして審査員として登場しているコメディアンのクリス・ハードウェイは、アンジェリカを絶賛し、出場者を1発で合格させることができるゴールデンブザーを押した。
 そして興奮が抑えきれないクリスは、舞台上まであがりアンジェリカとハグ。
 

画像: 会場総立ちで「ゴールデン」コール

 この事態にアンジェリカは自身のツイッターで、「私はいまだに泣いているの。この出来事が信じられないわ」といまだに興奮状態であることを明かした。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.