現在ロイヤルツアーを行っているキャサリン妃は、ドイツでパーティに出席。その際のキャサリン妃が着用していた、いつもとは雰囲気の違うオフショルダーのドレスに注目が集まった。

 ドイツ・ベルリンのイギリス大使館で行われたパーティにウィリアム王子と出席したキャサリン妃。そこで着用していたのは、いつものキャサリン妃とは雰囲気が一変したリゾート感のあるオフショルダードレス。

画像1: キャサリン妃、いつもと雰囲気をがらっと変えてオフショルドレスを着こなし

 キャサリン妃お気に入りのブランドALEXANDER McQUEENの、パフスリーブになった真っ赤なオフショルダードレス。いつも上品でエレガントなスタイルを取り入れているけれど、この日はがらっとイメージを変えて、ドラマチックで華やかな姿に。

画像2: キャサリン妃、いつもと雰囲気をがらっと変えてオフショルドレスを着こなし

 会場ではドリンクを片手に大使館スタッフたちと談笑を楽しんだ。

着用ブランド

ドレス:ALEXANDER McQUEEN(アレキサンダー・マックイーン)
靴:PRADA(プラダ)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.