制作中止が明らかになった映画版『セックス・アンド・ザ・シティ』の第3弾について、原因と言われる女優のキム・キャトラルがコメントした。

出演拒否は事実、でも「無理な要求」はしていないと主張

 この秋撮影開始予定と言われながらも制作が中止となった大人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』(以下『SATC』)の映画版第3作目で、計画が白紙となった原因と報じられた女優のキム・キャトラルが、自身の言い分を主張した。

画像: 出演拒否は事実、でも「無理な要求」はしていないと主張

 同作の人気キャラクターで性に奔放なキャリアウーマンのサマンサを演じ、ゴールデングローブ賞やトニー賞など数々の権威あるアワードを受賞したキム。

 制作元に対し、自身プロデュースの作品も映画化してくれるなら第3弾に出演してもいいと無理な要求をしたのが原因で続編の制作が中止となったと騒がれていることに関して、第一報を伝えた英デイリーメールを名指ししながら、ツイッターを通じてこうコメントした。

画像: キムのツイート。©Kim Catrall/ Twitter

キムのツイート。©Kim Catrall/ Twitter

 「朝起きてデイリーメールが発端の炎上にビックリした! 私が『要求』したのは3作目には出演したくないっていうことだけ…。しかもそれは2016年の話だし」。

 出演拒否は事実だとしながらも、報じられているような要求はしていないと主張したキム。さらに、彼女が出演しないというのは最近決まったことではなく、昨年の時点で分かっていたことで、彼女のせいだと今さら騒がれるのは心外だと明かした。

  

あのキャストが制作中止はやはりキムに原因があるとコメント

 しかし、このキムの主張に異論を唱える別のキャストが…。 その人物とは、キャリーの大親友スタンフォードを演じたウィリー・ガーソン。

画像: キャリー役のサラ・ジェシカ・パーカーとスタンフォード役のウィリー・ガーソン。

キャリー役のサラ・ジェシカ・パーカーとスタンフォード役のウィリー・ガーソン。

 ウィリーは、キムの要求が原因だとするデイリーメールの記事をリツイートすると、「そういうこと。中止の理由は本当だよ。以上」とコメント(※このツイートは現在は削除済)。

 さらに、ウィリーはキムのツイートに「あなたは好きなだけ要求をすればいいよ。当然の権利だ」とコメントしたファンの発言に対し、不満でもあるかのように「ん?」と反応した。

画像: あのキャストが制作中止はやはりキムに原因があるとコメント

 そして、「キム無しで3作目はできないの?」というSATCファンからの問い掛けには「どのキャストも必要不可欠で、みんな素晴らしい仕事をしたよ。もし第3弾が実現していたら、あのステキな脚本でも良い仕事をしただろうね。でも、誰かがやりたくないって言ったら、もう仕方ないよ」と答えていた。

 キムは要求については否定しているものの、彼女が出演を拒否したことで同作の実現が不可能となったことは事実。

 新作を楽しみにしていたファンにとっては、とても悲しい週末となってしまった。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.