デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、リアーナの豪華出演者で話題の、SFコミックスの金字塔『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』の日本公開日が決定した。

『スター・ウォーズ』にも影響を与えた原作

 プライベートで親交が深いカーラ・デルヴィーニュとリアーナが共演することで話題の、SF超大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』が、2018年3月に全国公開されることが決定。

 世界的巨匠リュック・ベッソン監督による同作は、30年を超える監督のキャリアのなかでも最大のスケールで贈るSF超大作。

 原作は『スター・ウォーズ』にも多大な影響を与えたSFコミックの金字塔「ヴァレリアンとローレリーヌ」。
 最新鋭のVFX技術とベッソン監督の夢を詰め込んだ28世紀の宇宙を舞台に、自由奔放なイマジネーションとエキサイティングなアクションがさく裂。

 超巨大宇宙ステーションに、いまだかつて見たことがない奇想天外な惑星や宇宙生物たち、さらに陸・海・空・宇宙を股に掛けた冒険に次ぐ冒険を描く。

画像: 『スター・ウォーズ』にも影響を与えた原作

豪華すぎる出演者

 主人公ローレリーヌを演じるカーラと、銀河系SF作に初挑戦するリアーナの共演で注目が集まる同作だけれど、2人のほかにも豪華すぎるキャストが勢ぞろいすることでも話題となっている。

画像1: 豪華すぎる出演者

 とくに、広大な銀河を守る任務を帯びた主人公のヴァレリアン役を射止めた、『アメイジング・スパイダーマン』のデイン・デハーンは、これまで繊細で鬱屈とした役どころが多かったが、今作で有能なプレイボーイを演じ、イメージをガラっと変えた。

画像2: 豪華すぎる出演者

 さらに、クライヴ・オーウェンやイーサン・ホーク、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアーらが、仲間・敵・謎めいたキャラとしてスクリーンを彩る。

 そんな『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は、2018年3月に日本公開される。

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 2018年3月 日本公開
監督・脚本:リュック・ベッソン
キャスト:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、リアーナ他
配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION


この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.