2002年に映画化され、大ヒットしたシリーズ作『ロード・オブ・ザ・リング』が、テレビ化されることが正式に決定した。

以前からウワサが

 米アマゾンは現地時間の13日に、以前からウワサされていた大ヒット映画『ロード・オブ・ザ・リング』の原作小説『指輪物語』のテレビ放映権を取得したことを発表。

 2002年に公開された映画版は、シリーズ3部作で累計世界興収が約3,000億円に達した超大ヒット作。

画像: 以前からウワサが

 このテレビ化にあたり、映画を配給したニュー・ライン・シネマ、原作者の遺産を管理するトールキン財団、出版社ハーパーコリンズが、アマゾンと提携する。

気になる内容は?

 気になる内容は、映画化されたストーリーより前の話で、原作小説『指輪物語』シリーズの第1部「旅の仲間」の直前の物語だという。

画像: Jeff Bezos on Twitter twitter.com

Jeff Bezos on Twitter

twitter.com

 同作のテレビ化の放映権をめぐっては、アマゾンのほかに、NetflixとHBOの3社が名乗りをあげていたが、アマゾンのCEOジェフ・ベゾスが、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ(GOT)』に匹敵するようなドラマ制作を指示していたことを受け、なんと約250億円という巨額を支払い、今回放映権を取得した。

 ファン待望のテレビ化される『ロード・オブ・ザ・リング』は、『GOT』に並ぶ壮大なスケールのファンタジー映画になりそう。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.