ある男性が中国語タトゥーを腕にゲット。しかしその意味が斬新すぎて注目を浴びている。

 自分の母国語ではない言葉をタトゥーとしていれている人は、海外セレブをはじめよく見るけれど、なんとも斬新な意味のタトゥーをいれた人が。コーディー・ウィリアムという男性は、左腕に大きな中国語のタトゥーをゲット。

画像: 中国語タトゥーをいれた男性、その意味が斬新すぎる

 11文字の漢字が連なったその中国語の意味とは、「分かりません 私は中国語を話しません」と書いてある。

 コーディーは、「中国語の形はすごく好きなんだけど、みんな『愛』とか『希望』とかの中国語のタトゥーをいれているだろ? それはダサいから嫌だったんだ」とLADbibleに話した。

 この斬新すぎる中国語タトゥーは、ネット上では「面白すぎ」という声もあるなか、「ダサい」と不評の声も。けれど、コーディー本人は自慢げに自身のSNSにアップしており、相当お気に入りの様子。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.