マーベル・コミックの人気キャラクターでスパイダーマンの最大の敵である、邪悪な悪役ヴェノムがついに映画化。予告編が公開された。

『ヴェノム』の予告編が解禁

 マーベル・コミックでスパイダーマンの最大の敵として初登場したキャラクターであるヴェノム。悪役のなかでも人気は高く、ヴェノムが主人公となったコミックが出版されたほど。

 そんな大人気のキャラクターが、映画『ヴェノム』としてついに映画化。同作は、トビー・マグワイアやアンドリュー・ガーフィールドがピーター・パーカー役を演じたソニー・ピクチャーズの『スパイダーマン』シリーズ初となるスピンオフとして製作された作品。

画像1: 『ヴェノム』の予告編が解禁

  同作の主演でスパイダーマンの宿敵で破壊的な守護者という複雑な特性も持つヴェノム役を、『ダークナイト ライジング』でバットマンの敵ベイン役を演じ、悪役に定評がある実力派俳優のトム・ハーディ(40)が演じる。

画像2: 『ヴェノム』の予告編が解禁

 2007年から制作のウワサがあったけれど、なかなか実現しなかった『ヴェノム』がついに全米で10月、日本では12月に公開される。

予告編にコメント殺到

 公開された約1分半の予告編は、そのほとんどが何者かから逃げるトムの姿が映され、ヴェノムの姿は未だ登場していない。

 そんな予告編に、映画の主人公であるヴェノムが映らないことに対して「がっかりした」などのコメントがある一方で、あえてヴェノムを映さなかったことで話題づくりした賢い戦略だというコメントもある。

画像: 予告編にコメント殺到

 同作はマーベル・コミックのキャラクターを映画化した作品だが、昨年公開された『スパイダーマン:ホームカミング』や『アベンジャーズ』シリーズなどの大ヒットを連発させているヒーロー映画を作ったマーベル・スタジオの製作ではないため、1つの世界観を共有するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)との関連性はない。

 そんななかで10月に全米公開される『ヴェノム』は、どんな作品になるのか大きな注目が集まっている。

『ヴェノム』 2018年12月公開
監督:ルーベン・フライシャー(『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)
キャスト:トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムス、リズ・アーメッド、スコット・ヘイズ、リード・スコットほか
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
©&TM 2018 MARVEL

画像: VENOM - Official Teaser Trailer (HD) www.youtube.com

VENOM - Official Teaser Trailer (HD)

www.youtube.com

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.