アカデミー賞を受賞しづらいジャンルと言われるホラー。そんな逆風に打ち勝ってオスカー受賞を果たしたホラー映画は、一生に一度は観ておきたい。

エクソシスト/脚色賞と音響賞

悪魔にとりつかれた少女を救うためにエクソシスト(悪魔祓い)の神父たちが呼ばれ、そこから、悪魔と神父の闘いがはじまる。1973年の年間興行収入1位を記録した、知らない者はいないオカルト映画。脚色賞と音響賞を受賞。

画像: ©Warner Bros./Hoya Productions

©Warner Bros./Hoya Productions

ミザリー/主演女優賞

ホラー小説の巨匠スティーヴン・キング原作。大流行中のロマンス小説『ミザリー』シリーズの著者ポール・シェルダンは自動車事故で重傷を負い、女性ファンに救出される。しかし看病と称してポールを監禁した女性は、次第に狂気の片鱗を見せ始める。狂気のファンを演じたキャシー・ベイツが、主演女優賞を受賞。

画像: ©CASTLE ROCK ENTERTAINMENT

©CASTLE ROCK ENTERTAINMENT

ローズマリーの赤ちゃん/助演女優賞

ニューヨークに引っ越してきたローズマリーとガイ夫妻は子作り計画を立てるが、そんなさなか、ローズマリーが悪魔に犯される夢を見る。しかし起きた時には体中に傷があり…。その後、妊娠が発覚するが、妊娠が進むにつれておかしな現象が次々と起きる。1968年に公開された映画はその後に悪魔映画ブームを作り出した名作。隣人ミニー役を演じたルース・ゴードンが助演女優賞を受賞。

画像1: ©PARAMOUNT PICTURES

©PARAMOUNT PICTURES

ブラック・スワン/主演女優賞

バレエ『白鳥の湖』の主演に抜擢されたバレリーナが、プレッシャーのなか精神を崩壊していく様子を描いた、2010年のサイコスリラー。世界興収が300億円を突破する大ヒット作となり、大幅な減量をして主人公ニナの狂気を演じたナタリー・ポートマンが主演女優賞を受賞。

画像: ©FOX SEARCHLIGHT PICTURES

©FOX SEARCHLIGHT PICTURES

ドリアン・グレイの肖像/撮影賞

オスカー・ワイルドの小説を映画化した1945年の作品。裕福な美青年ドリアン・グレイは聡明ながら人に惑わされやすく、それが彼を罪と悲劇の道へといざなう。本人が若い美を保つ一方、彼の肖像画は彼の内側を表わすかのようにどんどんと醜さをおび…。撮影賞を受賞。

画像: ©Mondadori Portfolio

©Mondadori Portfolio

羊たちの沈黙/主要部門を制覇

ジョディ・フォスター演じる見習いの女性FBI捜査官が、連続殺人鬼を捕まえるために、アンソニー・ホプキンズ演じる猟奇殺人犯ハンニバル・レクター博士の助言を求めたことから、2人の奇妙な交流が始まる。『或る夜の出来事』と『カッコーの巣の上で』に次いで3度目となる、作品、監督、主演男優、主演女優、脚色賞からなる主要5部門の制覇を達成した。

画像: ©ORION PICTURES

©ORION PICTURES

ザ・フライ/ メイクアップ&ヘアスタイリング賞

物質転送機「テレポッド」を開発中だった天才科学者セス・ブランドル。しかしある実験が失敗したとき、巨大なハエ人間になってしまう。次第に変わっていく科学者ブランドルの容姿を作り出したクリス・ワラスのチームが、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞。

画像1: ©20TH CENTURY FOX

©20TH CENTURY FOX

ドラキュラ/衣裳デザイン賞ほか全3冠

1992年公開のゴシックホラーは、妻の自殺に打ちのめされ吸血鬼へと化したドラキュラ伯爵が主人公。400年後、イギリスに渡ったドラキュラ伯爵は亡き妻と瓜二つの女性ミナと出会う。日本人アートディレクターの石岡瑛子が衣裳デザイン賞を受賞したほか、映画はメイクアップ賞と 音響効果編集賞受賞の計3部門で受賞した。

画像: ©COLUMBIA PICTURES

©COLUMBIA PICTURES

オーメン/作曲賞

養子として迎え入れられた少年ダミアンのまわりで次々と起こる不可解な死。ダミアンは反キリストの悪魔の子なのか?グレゴリオ聖歌にインスパイアされたオリジナル曲「Ave Satani(意味=やあ悪魔よ)」は、映画の恐怖を引き立るアイコニックな楽曲として知られる。作曲賞を受賞。

画像2: ©20TH CENTURY FOX

©20TH CENTURY FOX

ジキル博士とハイド氏/主演男優賞

薬によって、心優しい科学者ジキル博士から獣欲主義的なハイド氏へと変貌してしまう男性が主人公。二重人格をテーマにしたロバート・ルイス・スティーヴンソンの名作『ジキル博士とハイド氏』が原作。この小説は何度も映画化されているが、1931年公開の本作で、一人二役を演じたフレドリック・マーチが主演男優賞を受賞した。

画像2: ©PARAMOUNT PICTURES

©PARAMOUNT PICTURES

ジョーズ/作曲賞ほか全3冠

凶暴な人食いザメが平和な田舎町を恐怖のどん底に突き落とす、スティーヴン・スピルバーグ監督のパニック映画。サメが近づいてくる恐怖がジリジリと伝わってくる映画の音楽は、アメリカ映画研究所によって「史上最も偉大な映画音楽6位」に選ばれている。アカデミー賞では作曲賞、音響賞、編集賞を受賞。

画像: © 1975 Universal Studios. All Rights Reserved.

© 1975 Universal Studios. All Rights Reserved.


 2018年の第90回アカデミー賞では、人種をテーマにした異色ホラー『ゲット・アウト』が作品賞・主演男優賞・監督賞・脚本賞の主要4部門にノミネートされている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.