映画『インターステラー』の女優ジェシカ・チェイステインが、映画『IT』の続編への出演をベバリーの大人役として交渉中であることが明らかになった。

 スティーヴン・キングのホラー小説を原作に、子供にしか見えない恐怖のピエロ、ペニーワイズと子供たちの戦いを描いた大ヒットホラー映画『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』。「怖いのに感動する!」と、子供から大人まで楽しめる今作は、すでに続編の制作が決まっている。

実力派女優が出演の可能性

 続編では、1作目でペニーワイズとの壮絶な闘いを見せた「ルーザーズクラブ」の子供たちが大人になって街に戻ってくるというストーリー。その「ルーザーズクラブ」の紅一点だったベバリー役として、映画『ゼロ・ダーク・サーティ』や『インターステラー』で知られる実力派女優ジェシカ・チャステインが現在出演交渉中だという。

 1作目のベバリーは赤毛のショートヘアがキュートなソフィア・リリスが演じた。ソフィアはインタビューで、ベバリーの大人役はジェシカに演じてほしいと話しており、もしジェシカが演じることになればソフィアの願いがかなうことに。

画像: 実力派女優が出演の可能性

 ほかの「ルーザーズクラブ」のメンバーが大人になった役も誰が演じるのかも気になるところ。撮影は今年の夏に開始され、公開は2019年の9月を予定されている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.