シンガーのセレーナ・ゴメスの指先を彩る最新のネイルカラーにファンたちが反応している。

あの作品の公開が近い?

 セレーナのネイルを担当したセレブ御用達ネイリストのトム・バチークが、鮮やかなエレクトリック・ブルーのマニキュアを施したセレーナの手元の写真をインスタグラムに投稿。

 このカラーチョイスに対して、一部のファンたちが期待で胸を膨らませている。

 セレーナと青色のネイルにはじつは、深い関係が。

 セレーナが前回、今回のような鮮やかなブルーのマニキュアを着用したのは、2017年4月に行われたNetflixオリジナルドラマ『13の理由』のプレミアでのこと。

画像1: この時のネイルも今回と同じくトムが担当。

この時のネイルも今回と同じくトムが担当。

 同作のエグゼクティブプロデューサーを務めるセレーナは、出演者たちと一緒に作中にキーアイテムの1つとして登場するブルーのマニキュアを着用してレッドカーペットに立ち、団結を表したことで話題に。

画像2: この時のネイルも今回と同じくトムが担当。

この時のネイルも今回と同じくトムが担当。

 このことから、ファンたちの間では、2018年内に予定されている同作の配信開始が近いのではないかとウワサになっているのだ。

画像: 3月24日に行われたロサンゼルスでの銃規制を訴える大規模な抗議デモ「March for Our Lives(命のための行進)」にもこのブルーのネイルで参加していたセレーナ。

3月24日に行われたロサンゼルスでの銃規制を訴える大規模な抗議デモ「March for Our Lives(命のための行進)」にもこのブルーのネイルで参加していたセレーナ。

 セレーナからはこの件に関してとくにコメントはなく、実際には、単なる気分や春めいてきた陽気に合わせたカラーチョイスだった可能性も。

 しかし、現代の若者の多くが直面するいじめや自殺などの社会問題を生々しく描いて大反響を呼んだシーズン1に続く物語の公開を、今か今かと待ちわびているファンたちにとっては、ぜひ、セレーナの爪が作品に関する何らかの予兆を暗示していると信じたいということのよう。

 ちなみにセレーナが着用しているネイルカラーは、人気ネイルブランド、O.P.I(オー・ピー・アイ)の「No Room For The Blues(ノー・ルーム・フォー・ザ・ブルーズ/NL-B83)」という色。日本でも1,200円~購入できる。

画像: www.opi.com
www.opi.com

This article is a sponsored article by
''.