完全に破局したことが報じられているジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスが教会の集まりで久々に顔を合わせた。

関係は良好、でも…

 復縁のウワサから一転、冷却期間を経て完全に破局したことが報じられているジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスが、現地時間の水曜日(4月11日)にともに以前から熱心に通うヒルソング教会の集まりに参加していたことがわかった。

画像: 関係は良好、でも…

 別々に会場に現れ、別々に会場を後にしたというジャスティンとセレーナだが、2人の関係は人々が思っているほど冷めきったものではないという。教会の集まりでの2人の様子について、関係者は米Entertainment Tonightにこう語っている。 

 「別々に来て別々に帰ったけど、2人ともとてもフレンドリーで落ち着いた様子だった。2人の関係がギクシャクしているなんてことはまったくなくて、今でもすごく親しい関係にある」

 「じゃあ何で別れてしまったの?」と思った方もいるだろうが、続けてこの関係者はこんなことも言っていた。

 「ジャスティンはセレーナのことを愛しているけど、2人とも今は真剣交際をするのにベストな時ではないと考えてるんだ」

 世間の注目度の高さゆえ、ここ数週間難しい日々を過ごしているというセレーナ。一方のジャスティンは、当初「ただのお遊び」と言われていたモデルのバスキン・チャンピオンと徐々に距離を縮めており、つい先日も2人で仲良くサイクリングのクラスで汗を流す姿が目撃されていた。

This article is a sponsored article by
''.