米ディズニーランドとディズニーワールドに新しく追加される映画『スター・ウォーズ』をモチーフにした大規模テーマランドが、2019年にオープンすることが発表された。

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」

 米ディズニーランド、ディズニーワールドに追加される新たなテーマランドは、映画『スター・ウォーズ』をモチーフとした大規模なもの。
 その建設が終盤を迎えるなか、ついにそのオープン日程の詳細が発表された。

 「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」と名づけられたこのテーマパークは、カリフォルニア州のディズニーランドで2019年夏に、フロリダ州のディズニーワールドで2019年秋にオープンする。

画像: Flyover the Star Wars: Galaxy's Edge Construction Site | Disney Parks www.youtube.com

Flyover the Star Wars: Galaxy's Edge Construction Site | Disney Parks

www.youtube.com

 ディズニーのテーマパーク史上、最もディテールにこだわり、『スター・ウォーズ』の世界観にどっぷり浸かれる空間になるというこのテーマランドにはメインとなる2つのアトラクションが設置される。

 ゲストがミレニアム・ファルコンを操縦できるアトラクションや、スター・デストロイヤーの中で展開される絶叫系のアトラクションが設置される「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」には、等身大のAT-AT ウォーカーのタワーも建てられ、ゲストをはるか彼方の惑星世界へと誘う。

画像: Opening Season Just Announced for Star Wars: Galaxy’s Edge www.youtube.com

Opening Season Just Announced for Star Wars: Galaxy’s Edge

www.youtube.com

 6月29日に公開される映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で、よりスター・ウォーズ熱が高まることが見込まれるなか、大きな期待が高まる新テーマランドがついに2019年にオープンする。


(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.