アメリカのスターバックスに実はあった「あるモノ」に人々から驚きの声が上がっている。それは一体!?

冷たい飲み物用のフタは2種類

 暖かいドリンクと同じように、冷たいドリンクにも「ストローを使わずに飲めるフタ」があるのをご存じだろうか?アメリカのスターバックスに、実は冷たいドリンク用のフタが2種類あることが発覚し、その事実を知らなかった利用者たちに衝撃を与えている。

画像: 冷たい飲み物用のフタは2種類

 通常、冷たいドリンクを注文すると、上の写真のようにストローを使って飲むためのフタがついてくるが、ストローを使わずに飲めるフタ、通称シッピーカップ・リッド(Sippy Cup Lid)をお願いすると…。

画像: twitter.com
twitter.com

 このように、直接口をつけて飲むタイプのフタに変えてドリンクを提供してくれる。

 正確な年月はわからないが、このシッピーカップ・リッドは以前からあったようで、エコに関心が深い人のあいだではすでに広まっていた。というのも、本来このフタはストローの消費を減らすために開発されたものだからだ。

 現在、アメリカ国内にある約1,400店舗で提供されているという、シッピーカップ・リッド。実際に使用した人たちの意見の大半はポジティブなもので、なかには「冷たいドリンクのフタを初めからこれにすべき」といった指摘の声も出ている。 

This article is a sponsored article by
''.