カンヌのフォトコール中に、プラスサイズモデルのユリア・ルバコーヴァにあるハプニングが発生した。

 今年も多くの人で賑わいを見せたカンヌ国際映画祭。多くのセレブが集まったことでも話題になったけれど、カンヌ国際映画祭ではこんなハプニングが起こっていたことを知っていた?

画像: プラスサイズモデル、カンヌでスカートが脱げるハプニングが発生

レッドカーペットでスカートが脱げる!?

 ロシアでプラスサイズモデルとして人気を博すユリア・ルバコーヴァが、カンヌ国際映画祭のレッドカーペットに登場。

 トレーンが長い真っ赤なドレスを着用してレッドカーペットに登場したユリア。彼女がフォトコールに応え、移動しようとしたときにハプニングが起こった。

 ユリアの後ろに立っていた男性が、レッドカーペットと同化してしまった彼女のスカートの裾をずっと踏んでおり、彼女はそれに気づかず歩き始めてしまった。その結果、スカート部分が脱げて、レッドカーペットで両脚が露わに。

 まさに超赤面級のハプニングだけれど、ユリアも負けていない。なんと彼女はそんなハプニングの動画を自身のSNSに自らアップ。スカートが取れるシーンをスローモーションとリプレイで面白おかしく編集してファンにシェア。

 普段からプラスサイズモデルとして、ボディポジティヴなメッセージを発信しているユリアだけれど、こんなハプニングも笑い飛ばしてしまった彼女に拍手。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.